映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

アドベンチャー映画
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

★★★★☆☆☆☆☆☆
なぜジェット・リー?

全くといっていいほど、ジェット・リーのアクションが見られない。わざわざジェット・リーを使う必要があったのか?と正直考え込んでしまった。

それと、エヴリン役の女優が変更となったため、作品に「艶」がなくなってしまった。

監督も替わったせいなのか、何だかんだ言ってそれなりの迫力のあったVFXが、全然迫力ないものになってしまっている。

いやぁ、がっかり。

それなりの見所はある。

上海の町中を爆走するチェイス・シーンやヒマラヤ山脈の断崖絶壁で繰り広げられるバトル・シーン、兵馬俑から甦った1万の皇帝軍と反皇帝軍が万里の長城でぶつかりあう合戦シーン。

だが、前作までの迫力はなく、物足りなさが目立つものとなっている。

「ハムナプトラ」シリーズ

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

古代中国。

乱世を統一した皇帝は、五行の力を得て,最後の野望として不老不死を望んだ。信頼する部下ミン・グオ将軍を派遣し、呪術師の娘ツイ・ユアンに不死の魔術を発見させるが、皇帝に愛する人を殺された彼女は皇帝と臣下全員を呪いにかけ、陶器にしてしまう。

約2000年後の1946年。

ロンドンで、幸せだがちょっぴり退屈な毎日を送っていたリックとエヴリンのオコーネル夫妻は、外務省に頼まれ、持ち主を不死の泉へ導くとされるブルー・ダイヤ「シャングリラの眼」を上海の博物館へ戻しに行くことになった。

その頃彼らの息子であるアレックスは上海の博物館館長ロジャー・ウィルソン教授と共に皇帝の墓所を発掘していた。発掘は世紀の大発見となるものだった。だが、そこへ突如リンが襲撃してきた。

上海に着いたオコーネル夫妻はジョナサン・カーナハンのバー「イムホテップ」で息子と旧友マグワイアと顔をつきあわせる羽目となる。

驚く夫妻だが、アレックスの発掘した皇帝のミイラを見に博物館を訪れると、中国を世界最強の国にしようと手を組んだ館長とヤン将軍が「シャングリラの眼」を奪い取り、皇帝を生き返らせてしまう。

スポンサーリンク

映画情報(題名・監督・俳優など)

Mummy3

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
(2008年)

監督: ロブ・コーエン
脚本: アルフレッド・ガフ、マイルズ・ミラー
音楽: ランディ・エデルマン

出演:
リック・オコーネル/ブレンダン・フレイザー
皇帝 / ジェット・リー
エヴリン・オコーネル / マリア・ベロ
ジョナサン / ジョン・ハナー
ミン・グオ / ラッセル・ウォン
マグワイア / リーアム・カニンガム
アレックス・オコーネル / ルーク・フォード
リン / イザベラ・リョン
ヤン将軍 / アンソニー・ウォン
ツイ・ユアン / ミシェル・ヨー

タイトルとURLをコピーしました