映画「ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記」(2007年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

06. アドベンチャー
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

テンプル騎士団が残した宝の謎を描いたアクション・アドベンチャーの第2弾。前作(ナショナル・トレジャー1(2004年))とほぼ同様のスピード感とアクションがあり、単純に楽しめる映画となっている。

個人的にはこうした歴史ミステリーや都市伝説に絡んだアドベンチャーものというのは好きなので、どうしても書くことが甘くなってしまうのを分かっているので、他の映画とのバランスを考えて、あえて辛めにしている。

こうしたのがあまり好きでない人が、前作から続いてみてしまうと、世界史を揺るがすようなお宝というのは、アメリカに沢山埋まっていることになってしまう設定に苦笑するだろう。

そして皮肉屋は、歴史のない国にもかかわらず、歴史的な陰謀などが大好きなようで、舞台をアメリカに設定しない時が済まないのね、と思ってしまうだろう。

その通りなので、否定しない。

また、いくつか矛盾点がある。矛盾点というよりは、映画のストーリー構成が破綻している箇所といった方が正確かもしれない。

それはウィルキンソンの「真の目的」である。最後の最後で語られるが、語っている時に、頭の中が「???」となった。

えっ、これが真の目的なら、前半部分のストーリーがおかしくない?というより、前半の流れになる必要がないよね。つまり全否定?

…ま、いいです。

へぇって思ったのは、ラシュモア山。ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルト、エイブラハム・リンカーンの四人の大統領の顔が彫られている場所である。

映画では都市伝説的に重要な意味を持つ場所として描かれているが、そんなことにへぇって思ったのではない。

行ったことのない場所なので、標高1745メートルの高い場所にあるというのを知らなかったのだ。写真などで見ると、せいぜい200~300メートルの岩盤かなにかだと思っていたもので…。

さて、ディズニーは続きを作る気満々のようだ。

大統領だけが保有できる秘密の本の47ページに書かれていたこと。ベンはそれに協力すると約束した。

この47ページには一体何が書かれていたのか?

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

ベン・ゲイツが講演を行っている時に、ウィルキンソンと男がリンカーン大統領を暗殺した人物の日記の一部を持っていると言って現われた。

犯人による日記で消失されていた一部が発見され、そこには暗殺の真犯人としてベンの祖先トーマス・ゲイツの名が記されていたというものだった。

ベンの祖先が首謀者だというのだ。大統領暗殺者の末裔という汚名を着せられてしまったベンは何としても祖先の無実を晴らすべく動き出す。

ベンは祖先の無実を証明するため、天才ハッカーのライリーと再びタッグを組む。父親のパトリックの協力を得て、先祖の汚名を晴らすため、日記に秘められた謎に挑む。

リンカーン暗殺者の日記から消えた18ページ。そこには歴史を変える謎が隠されている。その謎は過去の偉大なる財宝につながるはずのものだった。

最初の鍵は自由の女神だ。

ベンとライリーはパリの自由の女神にあるはずの鍵を探すためにフランスへ向かった。そして、その鍵から得られた答えから導き出されたのがロンドンのバッキンガム宮殿だった。

そこには破局寸前の恋人アビゲイル・チェイスも来ていた。女王の書斎に忍び込み、ベンとアビゲイルは手を組み、女王の書斎にある机を隈無く調べた。そこで古い木片を発見した。

宮殿を後にすると、ベンたちの前にウィルキンソンが姿を見せた。ウィルキンソンも財宝を狙っていたのだ。ベンが手に入れた手がかりを奪うため、ウィルキンソンが追いかけてきた。

何とか逃げ切ったベン達は、木片の謎を解くためにベンの母親で言語学教授のエミリー・アップルトン博士を訪ねた。

暗号の解読結果、それは幻の黄金都市へのヒントを示していた。

だが、木片は半分であり、完全ではなかった。半分も木片は、バッキンガム宮殿の女王の書斎にある机と双子に当たるもう一つの机にあるはずだ。それがあるのは、アメリカ大統領執務室だった。

だが、木片はすでになかった。代わりに「鷲」の印があった。

それはライリーによると、歴代大統領が保有し続けてきた文書の存在を意味するという。そして、その文書の在処を知っているのは大統領本人だけであった。ベンは大統領を誘拐するしかないと考える。そして、その方法とは…。

スポンサーリンク

映画情報(題名・監督・俳優など)

NationalTreasure2

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記
(2007年)

監督:ジョン・タートルトーブ
製作:ジェリー・ブラッカイマー、ジョン・タートルトーブ
製作総指揮:マイク・ステンソン、チャド・オマン、バリー・ウォルドマン、オーレン・アヴィヴ、チャールズ・シーガース
音楽:トレヴァー・ラビン

出演:
ベン・ゲイツ/ニコラス・ケイジ
アビゲイル・チェイス博士/ダイアン・クルーガー
ライリー・プール/ジャスティン・バーサ
パトリック・ゲイツ/ジョン・ヴォイト
セダスキー/ハーヴェイ・カイテル
ウィルキンソン/エド・ハリス
エミリー・アップルトン博士/ヘレン・ミレン
大統領/ブルース・グリーンウッド

タイトルとURLをコピーしました