映画「LOVERS」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

歴史映画(東洋)
この記事は約3分で読めます。

感想/コメント

★★★★★★☆☆☆☆
世界各国で大ヒットした「HERO」のチャン・イーモウ監督が、金城武、チャン・ツィイー、アンディ・ラウというアジアのスターを起用した武侠アクション。

前作が、武術を華麗に描き、アクション・スターを前面に押し出した作品であるとすれば、今作は、ダンサーのチャン・ツィイーを前面に押し出した作品であると思う。チャン・ツィイーの舞踊は凄い。正直、ここまで踊れる女優だとは思わなかった。

「HERO」同様に、様式美に貫かれたアクションに、舞踊が加わって、流麗さと華麗さを付け加えている。中国の舞踊が、かほどまでにダイナミックで力強いものであることを知らしめる内容である。

さらに注目すべきは、「HERO」同様の豪華で華麗な美術と衣装だろう。ワダエミが手掛けた衣装は「HERO」の時から素晴らしい。

だが、全体的に見ると、その重厚さやスピード感というものでは「HERO」に劣ると思う。チャン・ツィイーの舞踊を見るのであれば、うってつけの一作かもしれない。

それでも、とても印象に残るシーンがある。それは、最後に小妹(シャオメイ)が倒れ、その側で金(ジン)と劉(リウ)が闘い、背景の秋色に染まった風景が、雪景色に変わっていくシーンである。この作品を思い出すときは、必ずこのシーンを思い出すほど印象的であった。

実際の映像はさほど美しいシーンではないのだが、記憶の中で徐々に美しくなっていくシーンである。

どことなく雰囲気が似ているのが次の映画。
映画「グリーン・デスティニー」
映画「HERO」

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

9世紀中頃の中国、唐の時代。凡庸な皇帝と政治の腐敗から各地に叛乱勢力が台頭していた。その最大勢力「飛刀門」を壊滅せんと、王朝は動き出した。

討伐の命を受けた県の捕吏・劉(リウ)(=アンディ・ラウ)のもとに、密告があった。牡丹坊という遊郭に前頭目の娘がいるというのだ。

捕吏の劉(リウ)と金(ジン)(=金城武)は一計を案じ、金(ジン)を遊郭の客として送り込み、前頭目の娘と目される盲目の踊り子・小妹(シャオメイ)(=チャン・ツィイー)を捕える。

首尾良く娘を捕えるが、口を割らない小妹(シャオメイ)に対し、劉(リウ)と金(ジン)は、再び計略を謀る。それは金(ジン)に小妹(シャオメイ)の脱獄を手助けさせ、彼を反乱戦士と信じ込ませて飛刀門のアジトへ案内させるよう仕向けるのだ。

身分を偽った金(ジン)が小妹(シャオメイ)を救い出し、目論見通り逃避行を開始した。劉(リウ)も2人の後を追う。だが、当初の予定とは異なり、唐の将軍の家来が金(ジン)が小妹(シャオメイ)を追詰める。必死に闘い、金(ジン)と小妹(シャオメイ)は逃げる。そして、その先に待ちかまえていたのは…

映画情報(題名・監督・俳優など)

Lovers


LOVERS
2004

監督:チャン・イーモウ
アクション監督:チン・シウトン
製作:ウィリアム・コン
製作総指揮:チャン・ウェイピン
脚本:チャン・イーモウ、リー・フェン、ワン・ビン
撮影:チャオ・シャオティン
美術:フォ・ティンシャオ
衣装デザイン:ワダエミ
音楽:梅林茂

配役/出演:
金(ジン)/金城武
小妹(シャオメイ)/チャン・ツィイー
劉(リウ)/アンディ・ラウ
牡丹坊の女将/ソン・タンタン

受賞

  1. 英エンパイア誌 世界の名映画ベスト100 2014年版
タイトルとURLをコピーしました