映画「プロミス-無極-」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

歴史映画(東洋)
この記事は約3分で読めます。

感想/コメント

★★★★☆☆☆☆☆☆

副題「ミッチーを越えて」

「プロミス~無極~」をみてきました。

「さらば、わが愛/覇王別姫」でカンヌ映画祭のパルムドールを受賞し、オスカーにもノミネートされたチェン・カイコー監督による作品。

無歓を演じるニコラス・ツェー。

耽美的な、自己陶酔系の”北の侯爵”。

ええ、日本人にも、そういう人がいました

ですが、彼は、侯爵ではありませんでした。

いまは、そのキャラを引退してしまったミッチーこと及川光博(オフィシャルHP「バラ色帝国」)。そう、人呼んで「王子」。まぁ、HPからして帝国ですからねぇ…

彼が無歓を演じてもよかった位です。というより、私はミッチーが演じているものだと信じ込みながら見ていました。

いや、誰がなんと言おうと、あれはミッチーです!

でも、ミッチーもきっと無念だったのでは…

だって、無歓は侯爵。王子より格下。

ミッチーよ、それでイイのかぁ。いつから格下の侯爵になり下がってしまったんだぁ。誇り高き王子のプライドを取り戻すんだぁ!!!

って…思いながら見てました。
失敬。

映画の中でアクセントをつけたのが、不気味な黒衣を纏った鬼狼(リィウ・イエ)。良い感じでした。

音楽もなかなかイイ感じでしたし、映像美もよかったです。

まぁ、ファンタジー映画としてみれば、良いのではないでしょうかねぇ。

昨今流行の武侠ものではないですし、アクション映画として見るには、笑えるシーンが多すぎるので…

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

戦場で空腹に飢える少女・傾城(セシリア・チャン)。彼女の前に、運命を司る満神が現れた。「この世のすべての男からの寵愛と、不自由ない生活を約束しましょう。

その代わり、お前は決して真実の愛を得ることはできない。それでもいいですか?」と問う満神に傾城は答えた、「それでもいい」。彼女は妃となった。

蛮族を相手にする戦で、華鎧の大将軍・光明(真田広之)は三千の兵力で二万の敵を破った。その戦で光明は俊足の昆崙(チャン・ドンゴン)を自分の奴隷とした。

この戦いの後すぐに、反乱の報が届いた。反乱を企てたのは北の侯爵・無歓(ニコラス・ツェー)だった。

光明は王を救おうと城へと向かうのだが、途中で無歓の放った刺客・鬼狼(リィウ・イエ)に襲われ傷を負う。

光明は昆崙に自分の華鎧を着せ、王の救出に向かわせる。その頃、王は無歓との対面の場で妃の傾城に裏切られ、窮地に立たされていた。王は裏切った傾城を殺そうとするが、華鎧を着た昆崙に殺されてしまう。

やがて、傾城を巡り、光明、昆崙、無歓の運命は転回する。

映画情報(題名・監督・俳優など)

Promise

プロミス~無極~
(2005年)

監督:チェン・カイコー
製作:チェン・カイコー/チェン・ホン

出演:
光明/真田広之
昆崙/チャン・ドンゴン
傾城/セシリア・チャン
無歓/ニコラス・ツェー
鬼狼/リィウ・イエ

タイトルとURLをコピーしました