Moby / Playの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

こういうアルバムがヒットするのは珍しいと思うが、これが売れた!!! 

約60分の中に18曲ある。Mobyは概して曲数が多い。そのため、一曲あたりが短くなっている。このアルバムでは最後の5曲くらいに、Chill Outに使いやすい曲が固まっている。

3曲目はChill Out(チル・アウト)コンピレーションによく使われた一曲。ややノイジーな音源を取り入れながら、ドラム・ベースラインを組み込ませて、その上にピアノの静かな旋律と、ボーカルが乗っかっている。ノイジーな音源に対してピアノがクリアなため、透明感が引き立っている。

Moby – Porcelain (Official Video)

4曲目は、憂いのある男性ボーカルがメインで、その男性ボーカルはこだまする感じ。また、女性ボーカルも入って、女性ボーカルの方はソウルフルに歌い上げる。

12曲目はアンビエントな感じ。氷の世界が似合いそうな、それでいて乾いた感じの作りになっている。

14曲目はChill Out(チル・アウト)コンピレーションに使われた曲の別バージョン。丸みを帯びたキックと、どんよりしたシンセの音と共に始まり、そのままスーッと流れるような曲。これは使い勝手のよい曲。

うーん、この人はスゴイねぇ。コメントをしなかった曲はかなりバラエティに富んでいる。どういう音楽的な背景を持つと、こういう風に作れるのだろう?

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

Moby-Play
Moby
1999
Album title
“Play”
Label : V2 Records

1 Honey
2 Find My Baby
3 Porcelain
4 Why Does My Heart Feel So Bad ?
5 South Side (feat. Gwen Stedani)
6 Rushing
7 Bodyrock
8 Natural Blues
9 Machete
10 7
11 Run On
12 Down Slow
13 If Things Were Perfect
14 Everloving
15 Inside
16 Gutar Flute & String
17 The Sky Is Broken
18 My Weakness

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.2
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.2
Aランク:-
Bランク:3曲目、4曲目、12曲目、14曲目

アーティストの紹介

アルバム

  1. Moby (1992)
  2. Ambient (1993)
  3. Everything Is Wrong (1995)
  4. Animal Rights (1996)
  5. Play (1999) 本作
  6. 18 (2002)
  7. Hotel (2005)
  8. Last Night (2008)
  9. Wait for Me (2009)
  10. Destroyed (2011)
  11. Innocents (2013)
  12. Long Ambients 1: Calm. Sleep. (2016)
  13. These Systems Are Failing (2016)
  14. More Fast Songs About the Apocalypse (2017)
  15. Everything Was Beautiful, and Nothing Hurt (2018)
  16. Long Ambients 2 (2019)
  17. All Visible Objects (2020)
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました