Mandalay / Solaceの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

ささやくように歌うボーカルが気持ちの良いアルバム。

捨て曲のほとんどない仕上がり。Trip Hop系統を初めて聞くのであれば、このアルバムはとても良い。

そういう意味では評価は★★★★★★★★★★となる。

重なっている曲、全体的な出来、曲数を考えると”Empathy“よりも、このアルバムの方がお得感がある。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

Mandalay-Solace
Mandalay
2000
Album title
“Solace”
Label : V2 Records

MandalayをAmazonで探す

DISC1
1 Not Seventeen
2 Like Her
3 Beautiful
4 Deep Love
5 It’s Enough Now
6 This Life
7 Flowers Bloom
8 Enough Love
9 Don’t Invent Me
10 Insensible
11 Kissing The Day
12 Believe
13 I Don’t Want The Night To End

DISC2
1 Beautiful (12″ Canny Mix)
2 Not Seventeen (Attica Blues Remix)
3 This Life (Cevin Fisher Dub)
4 Beautiful (Lenny’s Sunset Mix)
5 Deep Love (Charlie May Remix)
6 This Life (Wagon Christ Mix)
7 Flowers Bloom (Alex Reece Remix)
8 Deep Love (Nitin Sawhney Remix)
9 Not Seventeen (Futureshock Alt. Mix)
10 This Life (Boymerang Remix)
11 Beautiful (Calderone After Hour Mix)

DISC1:

1曲目、2曲目、 4曲目。ボーカルの良いところを最大限に引き出している曲。とても聞きやすいTrip Hop。ポップスとしても十分に聞ける名曲揃い。

3曲目、6曲目、7曲目、8曲目、10曲目、11曲目は”Empathy”にも収録されている。個人的には、色んなチル・アウトコンピレーションに収録されたMandalayの代表曲である”Beautiful”のオリジナルである3曲目よりも、7曲目の方が好みである。

陰鬱で悲しい旋律は、やはりTrip Hop独特のものがある。かといって、陰鬱になりすぎず、適度に軽さを感じることが出来るし、なによりも洗練された感じがとても良い。

5曲目、途中からはいるトランペットの感じが、都会の夕暮れを想起させる。もの悲しくも美しい、そして寂しさも漂う感じは、まさにTrip Hopの真骨頂。

13曲目、出だしから使われているシンセの音色が、エコーが効いているため、空間に広がりを与える感じ。また、中盤のアコーディオン風のシンセがダウンテンポな中に、ノスタルジーを感じさせる。チル・アウト向け。

DISC2

リミックス集。結構豪華なリミックス陣である。

3曲目。Dub Mixとなっているが、プログレッシブ・ハウスの作り。完全にフロア向け。初期のプログレッシブ・ハウスの音色が使われている。

4曲目。チル・アウト・トラック。サンセットをイメージさせるのはリミックスの題名通り。壮大かつ雄大な感じである。こういうリミックスは、チル・アウト特有だと思う。しかし、このリミキサーはIbizzareなのかな?音は似ているし、Lennyの名義を使っているし…

8曲目はインド系イギリス人のNitin Sawhneyによるリミックス。こういうリミックスを聞くと、Nitin Sawhneyも本質的にはTrip Hop寄りなのかなと思ってしまう。

11曲目は、トランス。うーむ、こういう風に変化してしまうのですね。エピック全盛の頃のリミックスだから、典型的なエピックの展開の仕方。抑えめのキックに始まり、押さえに押さえて、途中で一気に青空が開け、最後まで突っ走る。

“Beautiful”はSarah Brightmanが「Harem」でカヴァーしている。

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.2
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.2
Aランク:
 Disc1:-
 Disc2:-
Bランク:
 Disc1:1曲目、2曲目、4曲目、7曲目、13曲目
 Disc2:4曲目

アーティストの紹介

Mandalay(マンダレイ)プロフィール:
Saul FreemanとNicola Hitchcockによるユニット。

Mandalayの他のアルバム

Mandalay / Empsthyの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)
このアルバム いわゆるTrip Hop(ブリストル・サウンド)に該当するアルバム。 Massive AttackやPortishead等の代表的なアーティストに比べれば、暗さがあまり無く、ベースラインも軽いタッチになっているが、...
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました