Luftkastellet2の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Chill Out と Lounge
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

チルアウト・レーベルのMusic For Dreamsからの第2弾。

前作同様ラウンジの香りが強いコンピレーション。

Music For Dreams所属のアーティストを主体としながらも、他レーベルからも楽曲の提供を受けている。それにもかかわらず前作よりも小粒な感じになってしまっているのはなぜ?

4曲目:Sweet Mornigとは何とも甘ったるい題名。恋人と過ごした日の朝をイメージしたのだろうか。そう考えると、まだ余韻に浸っている時の感じを曲にしたのだろうなぁ。Serve Chilled 59Café del Mar Ibiza Classics 1にも収録。

6曲目:Siddharta3にも収録。

7曲目:このなんとなくファニーな感じというか、ふざけた感じというか、変わっていて、おかしくて、楽しい曲。

8曲目:フェードインしてくるリズム。そして、柔らかな音色とメロディ。しかし、構成はミニマルそのもの。そういう意味においてドップリと浸るための音楽である。

9曲目:少しハスキーな女性ボーカルもので、アップテンポな感じ。強い日射しの下で、冷たい飲み物を飲みながら聞きたいですねぇ。夏のビーチパラソルが似合いそう。

11曲目:レトロな雰囲気が漂い始めます。ヨーロッパの安っぽい酒場でライブを聞いている感じ。アコーディオンやサックスやストリングスの音が流れたあとには、酔っぱらいの歓声が聞こえてきそうだ。

12曲目:これまたレトロな感じ。こんどは初期の映画。それもアニメーション映画とかで流れていそうな感じである。この2曲は、ちとヤバイ…。

13曲目:うーん、北欧ポップスの影がちらつく。とくにThe Cardigans(カーディガンズ)の雰囲気に似ている。

14曲目:北欧系らしいかわいらしさとアコースティックな感じが入り交じった曲。:Siddharta3にも収録。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

Luftkastellet2
Luftkastellet
“Luftkastellet2”
2004
Label : Music For Dreams
Compiled by kenneth bager

LuftkastelletをAmazonで探す

artitst / title
1 Joe Dukie & DJ Fitchie / Midnight Marauders (Dub Version)
2 Hilltribe vs. Staple Singers / Going Away (Dublex Inc. Remix)
3 Flevans / Stars
4 Ganga / Sweet Morning
5 Banzai Republic feat. Al Jarreau / When She’s Gone
6 Laidback / Beautiful Day (Banzai Republic vs Trentemoller Vocal Mi)]
7 Khan feat. Julee Cruise / Say Goodbye (Losoul “She’s Homeless” Mix)
8 Hawke / Mass
9 Mr. Bird vs. Wild Palms / Laidback
10 Visti & Meyland / All Nite (Yes Maam)
11 Shantel / Bucovina
12 Rework / I Can’t Remember Anything
13 Hessismore / Walksong
14 Luke / Baby Stay Fair

アルバムの評価

★★★★☆☆☆☆☆☆
【評価の内訳】2.2
【構成・バランス】C=1
【飽きのこなさ】C=1
【曲の好み】Av.0.2
Aランク:-
Bランク:4曲目、8曲目、9曲目

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました