LTJ Xperience / When The Rain Begins To Fallの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

1曲目はこのアルバムを象徴するような一曲。都会の夕暮れ。ビルの谷閒に夕陽が落ちて、夜の世界が始まる感じがトランペットの音でよく出ている。

Loungeの世界にようこそといわんばかりのジャズ・テイストのダウンテンポ。Loungeでは非常に使い勝手のある一曲である。

2曲目は前半がダウンテンポなラテングルーブ。Salsa!の掛け声と共に、後半はパーカッションの乱れ打ち。陽気な気分にさせてくれる。

さすが、ラテン!!!

もともとこの曲は、ゲスト・ボーカルの1975年のJoe Bataanの曲。当時の曲を現代に甦らせているあたりは、さすがに重鎮の仕事。恐れ入ります…

4曲目は、これぞブラジリアン・ナンバー!!!というくらい陽気な曲。まさにブラジリアン・ハウスかくありきという一曲。ラテンの陽気さだけではなく、ピアノも入れているあたりが大人の落ち着きを感じさせる一曲。

6曲目、アルバムのタイトルとなっている曲。もっともChill Outに適した曲である。イタリアの人間にとって、雨が降り始めるときの印象とはこうなのであろうか?まるで、雨が降るのを喜んでいるようである。

この雨は、通り雨で、すぐにサンサンと太陽が照りつけるのであろうか?ボーカルも渋くてカッコイイ。

9曲目、ピアノのしっとりとした曲。Loungeにピッタリの曲である。ちなみに、これはBeatlesのナンバーをリミックスした曲である。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

LTJXperience-WhenTheRainBeginsToFall
LTJ Xperience
2003
Album title
“When The Rain Begins To Fall”
Label : IRMA

LTJ ExperienceをAmazonで探す

スポンサーリンク

曲目

1 Empty Streets
2 Ordinary Guy feat. Joe Bataan
3 Dancin’ Percussion
4 Vamos Pra La
5 El Toro
6 When The Rain Begins To Fall feat. Joe Bataan
7 Cocos
8 Feel My Soul
9 And I Love Him (Remix)
10 Latin Impulse
11 Logic Bossa
12 Ordinary Guy – Latin Club Edit feat. Joe Bataan

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.0
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.5
Aランク:-
Bランク:1曲目、2曲目、4曲目、5曲目、6曲目、9曲目

アーティストの紹介

LTJ Xperience(エルティジェイ・エクスペリエンス)プロフィール:
Luca Trevisi (ルカ・トレヴィシ)。IRMAの重鎮の1人。
ブレイクビーツやディープハウスに精通するレコードショップのオーナーでもある。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました