映画「カムイ外伝」(2009年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この記事は約3分で読めます。

感想/コメント

白土三平の「カムイ外伝」のうち、「スガルの島」編を基にした映画です。

「カムイ伝」は扱っているテーマが重く、社会思想が色濃く出ています。

江戸時代の都市生活者である武家や町人といった者たちではなく、それ以外の人々を描いている点や、当時の社会風俗を上手く描いている点でも評価の高い作品です。

その本編に対して、「カムイ外伝」は、抜忍として逃亡を続けるカムイを描いているところに特徴があるといえるでしょう。

ワイヤーアクションやVFXなどを多用しながら映画は進んでいきますが…。

うーん、もうちょっと洗練された動きを見せてほしかったです。

VFXの使いどころと映像の完成度が今ひとつ、いや、今二つなのは、日本映画の欠点であろうし、今後の課題であろうかと思いました。

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

十七世紀、江戸時代の日本。

貧しい村で、階級社会の中で最下層の子としてカムイは生まれた。

カムイは生き抜くために忍びの道を進み、自由になるために忍びを抜け出し、追われる身となった。

抜忍となったことで、追っ手との終わりのない戦いと逃亡の人生が待ち構えていた…。

カムイを執拗に追いかけるのは、大頭やミクモらである。ミクモはカムイと同じ身分の仲間だ。

カムイは藩主の愛馬の片足を斬って持ち去った男に興味を持った。その男に興味を持ち、助けた。男は半兵衛という漁師であった。

カムイは半兵衛の家族に迎え入れられた。だが、半兵衛の妻は抜忍のスガルであった。スガルはカムイを追っ手と思い、心を許さない。

一方で、半兵衛の娘サヤカは密かにカムイに恋心を募らせていっていた。

半兵衛は馬の片足の蹄から漁用の仕掛け針を作った。それが見事なまでに魚を釣ってくれる。

村の吉人の密告により、半兵衛が時の藩主・水谷軍兵衛に捕えられてしまう。カムイとスガルは半兵衛を救出するため、処刑場へと向かい、奇襲をかけて半兵衛を奪い返した。

カムイと半兵衛一家は、荒れ狂う海に船を漕ぎ出す。

人食い鮫の群れに襲われるところを救ったのは、不動率いる渡り衆だった。不動らは幸島へ向かう途中だった。幸島の村人たちは渡り衆を歓迎した。

カムイは渡り衆が自分と同じ抜忍であることを知り、行動を共にするようになる。そして、幸島に移ってからさらにサヤカと心を通わせることになり、カムイは穏やかな日々に幸せを感じていた。

しかし…。

映画情報(題名・監督・俳優など)

カムイ外伝
(2009年)

監督: 崔洋一
原作: 白土三平
脚本: 宮藤官九郎、崔洋一
音楽: 岩代太郎
主題歌: 倖田來未 『Alive』

出演:
カムイ / 松山ケンイチ
スガル(お鹿) / 小雪
不動 / 伊藤英明
サヤカ / 大後寿々花
大頭 / イーキン・チェン
吉人 / 金井勇太
ミクモ / 芦名星
アユ / 土屋アンナ
カムイ(少年時代) / イ・ハソン
絵師 / PANTA
水谷軍兵衛 / 佐藤浩市
半兵衛 / 小林薫

タイトルとURLをコピーしました