Hotel Costes 6の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

この記事は約4分で読めます。

このアルバム

Hotel Costes(ホテル・コスト)第6弾。

前半の展開は、いまいち。後半に行くに従ってよくなっていく。

1曲目:高音域のピアノの音で始まる。その旋律は若干緊張感を強いられる。だが、決して尖っている音ではない。出だしで惹きつける作戦としてはよし。

2曲目:続く曲がちゃんとラウンジ/チルアウト系統につながる。1曲目は計算された出だし。Chill Out cafe volume sette (7)にも収録。

3曲目:1曲目に系統が似ている感じである。ミニマルに流れるアコーディオンの旋律が印象的。

4曲目:で、今度は一転、温かい感じになる。パーカッションの音とゆったりとしたギター。

5曲目:温かい感じから、すこし冷たい感じへ。うーん、どうも音の振れ方が大きい感じ。

6曲目:Stephane Pompougnac自らの曲。だいぶ、曲作りも上手くなってきている。やはり経験を積むとイイ曲が作れるようになるようだ。特にそれがDJとしての能力のある人にはよく当てはまるようだ。ボッサな感じが温かくてよし。

7曲目:6曲目からの続きという感じだが、リズムが強くなっている。

8曲目:ジャジーな感じに移る。この辺りの構成はいかにもラウンジといったところ。

11曲目:ブラジリアンにジャズテイストを混ぜ、さらにブレイクビーツの要素を取り入れている感じ。攻撃的な音楽になっていなく、ラウンジなところに落ち着いているのが面白い。

12曲目:このアルバムの山の頂点といってよいだろう。ボーカル・ハウスもので、温かく、軽く、軽妙で、洒脱な一曲。この曲へ持ってくるために、紆余曲折があったようなアルバム構成。

13曲目:終わりへの始まり。山を越えたら、如何に綺麗に終るか。それが問題でしょう。これは、イイ感じの終わりへの始まり。

14曲目:この終わり周辺の曲は上手い。もしかしたら、終盤の曲構成だけが決まっており、それに前半をくっつけたのか?

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

HotelCostes6
Hotel Costes
2003
Hotel Costes 6
compiled by:
Stephane Pompougnac
label : Wagram

Hotel CostesをAmazonで探す

1 Slow Train / In The Black Of Night
2 Stigmato Inc / Reality Check
3 Emmanuel Santarromana / Metropolitain
4 3-11 Porter / Surround Me With Your Love (Mental Overdrive Remix)
5 Tosca / Rolf Royce feat. Stephan Graf Hadik Wildner
6 Stephane Pompougnac / Morenito feat. Clementine (Bossa Mix)
7 Barbara Mendes / Got To Be In Love (Dub Mix)
8 Minus 8 / Snowblind
9 Dutch Rhythm Combo / Come On feat. Annik (Sket Remix)
10 Fingathing / You Fly Me
11 Zimpala / The Breeze Is Black (Moonstarr Remix)
12 Spiro Projecto feat. Josefina Sanner / Bluesless (Radio Mix)
13 Grand Palace / Party’s On
14 Doctor Jazz’s Universal Remedy / Un Monde Sans Frime

アルバムの評価

★★★★★★★☆☆☆
【評価の内訳】3.9
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.4
Aランク:-
Bランク:1曲目、2曲目、6曲目、12曲目、13曲目、14曲目

コンパイラーの紹介

Stephane Pompougnac(ステファン・ポンポニャック):ラウンジ界の大物DJでHôtel CostesシリーズのDJ
プロフィール Stephane Pompougnac(ステファン・ポンポニャック)は1968年、フランス出身。 最初の仕事は、パリのレ・アール地区にあるHôtel Costesの中庭のカフェのウェイター。 1986...
タイトルとURLをコピーしました