Hotel Costes 4の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

Hotel Costes(ホテル・コスト)第4弾。

ELLEとのコラボレーションによるアルバム。

1曲目:”雨のロンドンが好き”と歌われても…雨のロンドンは鬱陶しいだけで、良いところはないと思うんだが。それはそうとして、曲の方はカラッとした感じなのがよい。若干アンニュイな感じだろうか。

2曲目:こっちはジメッとした感じの曲。だが、無難な立ち上がりだろう。

3曲目:題名のSolarという程には明るさを感じはしないが、感じ取り方によっては、淡い日射しを感じ取ることが出来る曲だろう。

5曲目:古さを感じさせるオルガンの音色と、今風のキックという組み合わせは面白い。

6曲目:グラナダはスペイン南部のシエラネバダ山脈の北麓にある都市。グラナダ王国の首都として繁栄し、世界遺産にもなっているアルハンブラ宮殿などがある。ちなみに曲は、イスラミックではない。

7曲目:Stephane Pompougnacも曲作りが上手くなったもんだねぇ。問題のないレベルです。使い方もよし。

8曲目:ボーカル・ハウス。昔ながらのブラック系統に近いハウス。

9曲目:チャカチャカ鳴る音が、ブラジリアンらしい。典型的なブラジリアン・ハウス。こういうのを入れるのもラウンジの基本でしょう。

10曲目:で、今度はキューバ。いい展開です。

11曲目:これをここに入れますかぁ。REAL IBIZA 4にも収録されているが、こちらはどことなくラテンな感じのするバージョン。9曲目からのつながりの中では絶妙の位置に入っている。このアルバムのハイライト。

12曲目:そして、ガラッとタンゴ風へ変化。前までの余韻を上手く断ち切ってフィナーレへ。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

HotelCostes4
Hotel Costes
2001
Hotel Costes 4
compiled by:
Stephane Pompougnac
label : Wagram

Hotel CostesをAmazonで探す

1 Variety Lab / London In The Rain
2 The Method / I’ve Got A Cat
3 Thunderball / Solar
4 Dublex Inc. / Tango Forte
5 Scott Grooves / Organ Nights PT.2
6 Slowsupreme / Granada
7 Stephane Pompougnac / Closer To Julie
8 Jon Cutler feat. E-Man / It’s Yours (Jon’s B-side breakdown mix)
9 Imada / Playground Do Brasil
10 Major Boys feat. Amelia / Sous Le Soleil (Cuba acoustic mix)
11 Doctor Rockit / Cafe De Flore (Charles Webster Latin lovers mix)
12 Gotan Project / Epoca
13 Shantel / Whatever
14 Orbient / Boarding (Doubleseat mix)

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.4
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.4
Aランク:11曲目
Bランク:3曲目、6曲目、7曲目、9曲目

コンパイラーの紹介

Stephane Pompougnac(ステファン・ポンポニャック):ラウンジ界の大物DJでHôtel CostesシリーズのDJ
プロフィール Stephane Pompougnac(ステファン・ポンポニャック)は1968年、フランス出身。 最初の仕事は、パリのレ・アール地区にあるHôtel Costesの中庭のカフェのウェイター。 1986...
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました