テーマ:古墳時代から大和王権の成立まで

この記事は約7分で読めます。

小国の時代 

紀元前後の日本は、「漢書」地理志によると、倭と呼ばれ、100余の国々に別れ、朝鮮半島北部に置かれた漢の楽浪郡に遣いを送っていました。

「後漢書」東夷伝には、57年に、倭の奴の国王が光武帝に遣いを送り、印綬を与えられたと記されています。

同書によると、107年にも、倭国王らが生口160人を皇帝に献じました。

2〜3世紀の弥生時代後期になると変化を見せます。

邪馬台国

3世紀初めに後漢が滅び、三国時代になります。朝鮮半島では韓族が強くなり、楽浪郡から独立しようとしました。

同じ頃「魏志」倭人伝によると、倭の国も乱れ、卑弥呼が連合国の王になり乱を収めます。

邪馬台国は30ヶ国ほどを勢力下に置く連合国でした。楽浪郡の南に設けられた帯方郡を経由して魏と通交していました。

239年に卑弥呼が魏に使いを送り、皇帝から親魏倭王の称号と印綬が与えられます。

古墳文化

3世紀後半の邪馬台国の記事を最後に、ほぼ1世紀、倭に関する記録が中国の歴史書から消えます。

この3世紀後半には近畿地方や瀬戸内海沿岸・九州北部に古墳が作られはじめます。

古墳が盛んに築造された3世紀後半〜7世紀を古墳文化と呼びます。

4世紀頃の前期古墳は、前方後円墳の特徴があります。

新しい政治的支配者の出現を示しています。その中心はヤマト政権でした。

4世紀末から5世紀の中期古墳になると、数も多く、東北地方南部から九州地方南部に広がります。

代表的な古墳

  • 誉田御廟山古墳(伝応神天皇陵)
  • 大仙陵古墳(伝仁徳天皇陵)

4世紀初め、中国では三国時代が終わり晋の時代になります。朝鮮半島では北部の高句麗が楽浪郡を滅ぼします。

4世紀中頃、馬韓から百済、辰韓から新羅ができます。南部の伽耶(加羅)では小国分立の状態が続きます。

ヤマト政権は伽耶を足掛かりに4世紀後半から百済と通交し、新羅を抑え、高句麗とも戦います。

戦った記録が広開土王(好太王)碑に残されています。

大王

倭の五王

「宋書」倭国伝によると、5世紀には、讃、珍(弥)、済、興、武の倭の五王が宋に使いを送りました。

最後の武は雄略天皇と考えられます。5世紀から6世紀にかけて、ヤマト政権が東国と九州の豪族を支配していました。

ヤマト政権の王みずから軍事遠征を行い、大王の地位を築いたことがわかります。

5世紀後半になると高句麗の勢力が伸び、朝鮮半島における倭の地位が低下します。

百済が高句麗・新羅に圧迫され、伽耶の諸国も新羅に統合され、562年に大和朝廷は「任那」の最後の拠点を失います。

大王と豪族

大和王権の国内統一が進むと、大王(おおおみ)のもとで朝廷を構成します。朝廷を構成する豪族は、氏上(うじのかみ)とひきいられる氏人(うじびと)が、氏の集団全体を支配し、地位を代々うけつぎ、身分をあらわす氏(うじ)・姓(かばね)を与えられました。

これを氏姓制度と言います。

朝廷の有力豪族

  • 畿内の地名を氏の名とし、臣(おみ)の姓をもつ:葛城氏、平郡氏
  • 朝廷での職務を氏の名とし、連(むらじ)の姓を持つ:大伴氏、物部氏

そのなかでも国政の中心となったのが、大臣、大連と呼ばれ、大臣・大連を頂点とし、多くの部(べ)を底辺とする支配体系が5世紀末から6世紀にかけて形成されました。

国造の反乱

5世紀後半から6世紀前半にかけて、吉備、筑紫、武蔵などで国造(くにのみやつこ)の反乱がおこりました。

筑紫国造磐井(いわい)の反乱は規模が大きく、新羅と結んで朝廷に反抗したと言われます。

宗教と文化

渡来人と漢字

朝鮮半島や中国との交渉が盛んになると、大陸から多くの人が渡ってきました。ヤマト政権は進んで受け入れます。

5世紀までに秦氏(はたうじ)、漢氏(あやうじ)が渡来し、5世紀末から百済が高句麗に圧迫されると、さらに人々が渡来して来ます。こうした人々を朝廷では帰化人と呼びました。

彼らは、畿内とその周辺に住み、朝廷の文筆・財政など行政実務、鍛冶・武器製造・機織・製陶・土木・建築などの生産部門、動物の飼育などで大きな貢献をします。

6世紀にはいると中国の新しい文化が百済経由で伝えられました。儒教や医・易・暦などとともに仏教が伝わります。

5世紀から6世紀の大刀や鏡の銘文を見ると、日本語の表記に当てはめて用いる方法がすでに行われていました。

仏教伝来

6世紀にはいると中国の新しい文化が百済経由で伝えられました。儒教や医・易・暦などとともに仏教が伝わります。

仏教は大王・豪族に受け入れられ、一般民衆にも普及していきます。

土木や建築、金工など多くの新しい技術ももたらされます。

百済の聖明王からの公式な仏教伝来については二説あります。552年(壬申年)=日本書紀の説と538年(戊午年)です。

後者は元興寺(飛鳥寺の後身)の由来を書いた「元興寺縁起」や聖徳太子の伝記「上宮聖徳法王帝説」によるもので、現在はこちらの説が有力です。

南朝の梁⇒百済⇒倭 のルートで、儒教の五経博士などの渡来と共通しています。

なお、民間へはこれ以前に伝わっていました。

祭祀

古墳時代には各地で社がつくられました。

  • 伊勢神宮:皇室の祖先神の天照大神を祀る
  • 出雲大社:大国主神を祀る
  • 住吉大社:海神を祀る
  • 大神神社:大和の三輪山を礼拝する

朝廷による地方統一が進むにつれ、朝廷の神話の中に位置づけられるようになります。

6世紀には大王家を中心として「帝紀」「旧辞」が成立します。

玄界灘の沖ノ島は太古からの祭祀遺跡で、大和王権の大陸との通交の要地に位置していますので、祭祀は海上交通にかかわるものと考えられています。

沖ノ島は宗像大社の神領(御神体島)で、沖津宮(おきつぐう)が鎮座しています。

日本史論述問題の過去問

古墳の成立について

  • 2020年阪大:大阪府に所在する百舌鳥・古市古墳群の築造年代の中心は古墳時代中期ですが、この時代において倭国は東アジア諸国・地域といかなる関係にあったのかが問われました。
  • 2014年阪大:古墳時代は大きく前期(3世紀後半~4世紀後半)、中期(4世紀末~5世紀)、後期(6世紀~7世紀)の3時期に区分できますが、前期から後期にいたる間に被葬者の性格にどのような変化が認められるか問われました。
  • 2012年京大:縄文時代から古墳時代のはじまりまでの墓や墓地の変遷を、貧富の差、身分の区別の発生や社会の発展と関連づけて問われました。
  • 1976年東大:5世紀初めごろに造られたと考えられている仁徳陵古墳のように、巨大な古墳が築造されるようになった理由が問われました。

倭の五王・雄略天皇(ワカタケル大王)

  • 2013年東大:5世紀後半のワカタケル大王の時代は、古代国家成立の過程でどのような意味を持っていたか。宋の皇帝に官職を求める国際的な立場と「治天下大王」という国内での称号の相違に留意しながら回答するよう求められました。
  • 2009年阪大:「倭の五王」にかかわる考古資料や中国の歴史書をあげながら、その権力や支配の特質について問われました
  • 1994年東大:倭国の王の中国皇帝に対する対し方はどのように変化しているか、また変化をもたらした歴史的な背景を、国内・国際両面について問われました。

文字の歴史

  • 2012年阪大:日本ではどのようにして文字を取り入れ使いこなしてきたのかを、5世紀から10世紀にいたる文字使用の歴史について問われました。
  • 2004年東大:古代の日本列島に漢字が伝えられ、文字文化が広まっていく過程の歴史的背景について問われました。
  • 1986年東大:日本の古代国家の形成の時期である1世紀から8世紀にかけて、国際関係における文字の受容と利用、国内統治における文字の利用を考慮しながら、文字の受容と使用の発展について問われました

仏教伝来

  • 2016年阪大:仏教の伝来は日本の歴史に大きな影響を与えましたが、6世紀における仏教の受容過程について問われました。

参考文献

タイトルとURLをコピーしました