浄名院の参拝録(東京都台東区)江戸六地蔵の第六番の代仏

この記事は約1分で読めます。

浄名院

境内には、江戸六地蔵六番がある

もともとは第六番は江東区永代寺の富岡八幡宮の二の鳥居付近にあった。
明治元年(1868年)の神仏分離令による廃仏毀釈により、旧永代寺が廃寺になり取り壊された。
この第六番の代仏が、ここ浄名院に祀られている。廃仏毀釈については安丸良夫「神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈―」に詳しい。

住所 台東区上野桜木2-6-4

写真ギャラリー

地図

タイトルとURLをコピーしました