海徳寺の参拝録(東京都品川区)品川の花の寺だそうだが、季節も春の前で、まだ花は咲きそうになかった

この記事は約1分で読めます。

品川の花の寺

戦国時代の大永2年(1522)に、この地に住んでいた鳥海和泉守(とりうみいずみのかみ)という人物が、京都から日増上人(にとぞうしょうにん)を迎えて自宅を寺としたことに始まるといわれる。

春の境内は「花の寺」といわれるとおり、桜、山吹、藤、カイドウ、キョウチクトウなどが咲く。

宗派:日蓮宗
本尊:三宝祖師像

写真ギャラリー

地図

タイトルとURLをコピーしました