柘榴坂(ざくろざか)の訪問録(東京都港区)高輪三丁目と四丁目の境界に存在する坂

この記事は約1分で読めます。
柘榴坂

柘榴坂

柘榴坂(ざくろざか)は東京都港区高輪三丁目と四丁目の境界に存在する坂。

品川駅を降りて第一京浜側へ出て信号を渡ってすぐの坂。

坂を登っていくと、途中の右手にグランドプリンスホテル新高輪がある。

柘榴の木があったため柘榴坂と名付けられたといわれる。江戸時代はカギ形に折れ曲がる坂だったそうだが、明治時代に作り変えられて直線になった。そのため石榴新坂とも呼ばれた。

江戸時代には北側(坂の下から見て右側)が薩摩藩島津家下屋敷、南側(坂の下から見て左側)が久留米藩有馬家下屋敷だった。

映画「柘榴坂の仇討」の舞台になっている。

柘榴坂
柘榴坂

場所など

東京都港区高輪三丁目と四丁目の境界

タイトルとURLをコピーしました