天祖神社(龍土神明宮)の参拝録(東京都港区)六本木にある港七福神の福禄寿

この記事は約1分で読めます。

港区七福神の福禄寿

現在、改築中。
というより、ビルを建設中のもよう。

至徳元年(一三八四)八月十六日、飯倉城山に、はじめて祀られたと伝えられる。品川沖から毎夜、竜が灯明を献じたということから「竜燈山」といわれたとも伝えられる。元和年間(一六一五-二四)、江戸城郭改築のさいの社寺移転に伴い現在の地に鎮座、竜燈からとって、この地を竜土と呼ぶようになり、神社の名前も竜土神明宮と称えられる。将軍家、諸大名の尊崇篤く、江戸三カ所の神明の一つとして文、武と官の信仰が厚い。青山大火により社殿焼失、明治年間社殿等を再建されるが、昭和二十年五月の帝都大空襲により、手水舎一棟を残して焼失した。

祭神

天照大御神
伊邪那岐命
伊邪那美命

写真ギャラリー

地図

タイトルとURLをコピーしました