咲柳山報土寺の参拝録(東京都港区)伝説の力士・雷電為右ヱ門墓のあるお寺

この記事は約2分で読めます。

雷電為右ヱ門の墓

江戸時代の慶長十九年(1614年)に朝倉左衛門義景の子孫である永受法師による創建された。

江戸時代の伝説の力士、雷電為右ヱ門の墓がある。雷電は、明和四年(1767年)信州小諸在大石村生まれ。天明四年(1784年)年寄浦風林右衛門に弟子入りし、寛政二年(1790年)から引退までの二十二年間のうち大関(当時の最高位)の地位にあった。三十三場所、二百五十勝十敗は当時の大業績だった。雷電為右ヱ門を描いた小説として飯嶋和一の「雷電本紀」がある。

雷電為右衛門墓の案内板

他には、江戸時代の儒学者、井部香山の墓、丸木利陽の墓、野村文挙の碑などがある。

井部香山墓の案内板

創建時は赤坂一ツ木大沢の里(現在の赤坂五丁目辺り)にあったが、幕府の用地取り上げにより、安永九年(1780年)現在の場所に移った。

港区の文化財である築地塀(練塀)。

築地塀は、土を突固め、上に屋根をかけた土塀。塀のなかに瓦を横に並べて入れた土塀を「練塀」というそうだ。

報土寺の練塀は、弓なりになっている珍しいもの。これは、港区の中でも特に急坂として知られる「三分坂」に沿って造られたためである。

梵鐘

報土寺の概要

項目内容
山号咲柳山
院号
正式名咲柳山報土寺
開基創建年 1614年
開山 永受
宗派浄土真宗大谷派
本尊阿弥陀如来
別称
備考

地図

所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂 7-6-20
電話: 03-3583-5401

タイトルとURLをコピーしました