赤坂氷川神社の参拝録(東京都港区)赤坂に鎮座する氏神様 江戸七氷川の筆頭

史跡・遺跡
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

江戸七氷川の筆頭

都会のど真ん中にありながら、この静けさ。

もともとは赤坂四丁目のあたりにあったらしい。

天暦5年(951年)蓮林僧正が霊夢を見てたてられたのが始まり。享保15年(1730年)8代将軍徳川吉宗が現在地に移した。

祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、大己貴命 (おおなむぢのみこと)

現在の社殿はこの時に造営されたもの。

江戸七氷川

江戸七氷川に数えられ、その筆頭とされる。江戸氷川七社で現存するのは四社のみ。残り三社は不明。氷川神社の総本社は大宮にある氷川神社

  1. 赤坂氷川神社
  2. 渋谷氷川神社
  3. 麻布氷川神社
  4. 簸川(ひかわ)神社

東京十社

また、東京十社(准勅祭社)の一社。

  1. 根津神社
  2. 芝大神宮
  3. 神田神社
  4. 日枝神社
  5. 亀戸天神社
  6. 白山神社
  7. 品川神社
  8. 富岡八幡宮
  9. 王子神社
  10. 赤坂氷川神社 当社
スポンサーリンク

境内の風景

社号標

鳥居と参道

拝殿

今回写真に収めたのは額堂(『ま組』火消し絵馬)や大イチョウ(港区の天然記念物)、浅野土佐守邸跡(浅野長矩の夫人 瑤泉院の実家)がわかる看板など。

あわただしく通り過ぎただけのため、取り損ねた写真がたくさんある。次回再挑戦!

石燈籠や包丁塚、摂末社(四合稲荷神社(宇迦之御魂神)、西行稲荷神社、末廣稲荷神社、稲荷社、九神社)もある。

・・・もしかしたら、写真に収めているかもしれないが、意識して撮影したわけではないので・・・

住所と地図

所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目10−12

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました