天恩山五百羅漢寺の参拝録(東京都目黒区)目黒のらかんさん

史跡・遺跡
この記事は約2分で読めます。

スポンサーリンク

目黒駅を目指しての散歩道

目黒不動から目黒駅目指して散歩開始!

最初に出会ったのが天恩山五百羅漢寺。天恩山五百羅漢寺はもともと本所五ツ目(現在の江東区大島)にあった。五代将軍徳川綱吉、八代将軍徳川吉宗の援助を得て繁栄し、「本所のらかんさん」として親しまれていた。

現在は「目黒のらかんさん」として親しまれているそうだ。

由来だが、元禄時代に松雲元慶禅師が、江戸の町を托鉢して集めた浄財をもとに、十数年の歳月をかけて作りあげたもので、以来、五百体以上の群像作られ、東京都重要文化財に指定されている。

五百羅漢寺の概要

概要
項目内容
山号天恩山
院号
正式名
開基松雲元慶、開山は鉄眼道光
宗派浄土宗系の単立
本尊釈迦如来
備考

五百羅漢寺の文化財

  • 木造釈迦三尊及び五百羅漢等像 305躯
スポンサーリンク

縁起

「目黒のらかんさん」として親しまれている天恩山五百羅漢寺の羅漢像は、元禄時代に松雲元慶禅師が、江戸の町を托鉢して集めた浄財をもとに、十数年の歳月をかけて彫りあげたものです。五百体以上の群像が完成してから三百年の星霜を重ね、現在は東京都重要文化財に指定されています。(現存305体)天恩山五百羅漢寺は元禄八年(1695) 本所五ツ目(現在の江東区大島)に創建されましたが、明治維新とともに寺は没落し、明治四十一年、目黒のこの地に移ってきました。長年の風雪に耐え、昭和五十六年に近代的なお堂が完成し、名実ともに「目黒のらかんさん」としてよみがえりました。

スポンサーリンク

地図

東京都目黒区下目黒3丁目20−11。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました