蟠龍寺(ばんりゅうじ)の参拝録(東京都目黒区)元祖山手七福神の岩屋弁天

この記事は約1分で読めます。

目黒駅を目指す途中

元祖山手七福神。
目黒不動の恵比寿様の次に現れたのが弁天様の蟠龍寺。

目黒行人坂付近にあった称明院(慶安元年1648年開創)を、増上寺の霊雲上人が浄土宗の戒律を復興するため現在地に移し、江戸時代の宝永6年(1709)霊雲山称明院蟠龍寺と改名再建された。

次いで、寛政6年(1794)律院となり、「不許辛肉酒入山門」の結界石がその名残りを今にとどめている。

本堂には本尊として「木像阿弥陀如来像」(都指定文化財)があり、天明年間(1781-1788)に東都三番札所となり善光寺式阿弥陀三尊像も祀られている。

「江戸名所図会」にのった境内は、当時の風趣が偲ばれ、元禄11年(1698)建立の地蔵尊がある。

また、山手七福神の一つであり、江戸裏鬼門の鎮守として岩窟内に石造弁財天、弁天堂内に木造弁財天(八臂の天女像)が安置されている。

さらに境内には、藍蝋の歌碑や下目黒尋常小学校創立之碑などもある。

宗派:浄土宗
本尊:木像阿弥陀如来像

写真ギャラリー

地図

タイトルとURLをコピーしました