四谷見附跡の訪問録(東京都千代田区)四ツ谷駅近くにある「江戸城三十六見附」のひとつ[国の史跡]

この記事は約1分で読めます。

四谷見附跡

江戸城三十六見附のひとつ。四ッ谷駅の東側に位置する。石垣と土塁が残る。江戸城外堀跡は国の史跡になっている。

江戸城の半蔵門から武蔵国国府(府中)をへて甲州への甲州街道上に築かれた枡形門。建設を担当したのは、初代長州藩主・毛利秀就。

江戸城外堀のうち、牛込見附から赤坂見附までは江戸時代の寛永13(1636)年に仙台藩伊達家をはじめ東国五十二の大名家により開削された。

四ツ谷駅周辺の土塁は桜の名所として有名。

案内板

「江戸城三十六見附」

江戸城外堀跡の訪問録[国の史跡]
江戸城外堀跡国史跡「江戸城外堀跡」は新宿区・千代田区・港区にまたがり、飯田橋駅(牛込門)から赤坂見附(赤坂門)までの約4kmに及ぶ。より具体的には、牛込見附から赤坂見附までの幅約120m、延長約3.3kmと虎ノ門地区の3ヵ...

地図

所在地: 〒102-0083 東京都千代田区麹町

タイトルとURLをコピーしました