羽黒山神社の参拝録(栃木県宇都宮市)山には「でいだらぼっち」伝承がある。

この記事は約1分で読めます。

でいだらぼっち伝承のある羽黒山にある神社

神社の鳥居そばに設けられている見晴台からは宇都宮市街を一望できる。晴れている空気の澄んだ日に、双眼鏡などで、東京スカイツリーが見えるらしい。

車で神社そばまで行けるが、運転に自信のない人はやめたほうが良い。車がギリギリすれ違えるかどうかの道が続き、片方は崖だからだ。

鳥居が見えるので、駐車場の目印。

羽黒山神社のある羽黒山は「でいだらぼっち伝承」がある。大昔、でいだらぼっちが羽黒山に腰掛けて鬼怒川で足を洗ったという言い伝えがある。

さて、羽黒山神社の創建については諸説があるそうだが、康平年中(1058年から1065年)に、宇都宮城の築城に際して藤原宗円(宇都宮宗円)が祈祷修法中に出羽三山との関連を意識し勧請されたものとされている。

稲倉魂命(うがのみたまのみこと)を祀っている。

境内案内

鳥居から本殿までは長い階段。

夫婦杉

境内

梵鐘

動画

史跡を巡る|栃木県の羽黒山神社

地図

住所: 〒321-0402 栃木県宇都宮市今里町1444
電話:028-674-3479

タイトルとURLをコピーしました