【式内社】宇都宮二荒山神社の参拝録(栃木県宇都宮市)下野国一之宮の門前町として発展してきた宇都宮

この記事は約3分で読めます。

宇都宮二荒山神社

宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ、うつのみやふたらやまじんじゃ)

宇都宮は当社の門前町として発展してきた。宇都宮二荒山神社の正面に宇都宮城が位置しており、まさに、この一帯が宇都宮市の中心だったということになる。

式内社名神大社)で下野国一之宮である。正式名称は二荒山神社。宇都宮大明神などとも呼ばれた。日光の二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)との区別のために鎮座地名を冠して「宇都宮二荒山神社」と呼ばれる。

日光二荒山神社も式内社(名神大社)で同じく下野国一之宮とされることから、どちらが本来の式内社(名神大社)、一之宮だったのかについて論説があるようだ。

旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「三つ巴(菊に三つ巴)」。

鳥居

案内板

神門

明神の井

江戸時代に宇都宮名水「七水」のひとつとして数えられた。
明治天皇の御行幸の折にこの水を茶の湯としたと伝えられる。

前田雀郎句碑

神楽殿

拝殿

摂社と末社

摂社 下之宮

境外摂社 下之宮(祭神:豊城入彦命) 宇都宮市馬場通り3-1(本社鳥居前の道路を渡ってすぐ)

末社 神門内

女体宮

(祭神:三穂津姫命)

須賀神社と市神社

須賀神社(祭神:素戔嗚命
市神社(祭神:大市姫命)

十社宮

(祭神:下野国内の式内社の神(素戔嗚尊、天児屋命、味耜高彦根命、武甕槌命、豊城入彦命、大山咋命、事代主命、下照姫命、誉田別尊、日本武尊))

初辰稲荷神社

(祭神:倉稲魂命

末社 表参道左手

剣宮(祭神:素戔嗚命
菅原神社(祭神:菅原道真)
十二社(祭神:国常立神、国狭槌神、豊斟渟神、豊斟渟神、泥土煮神、沙土煮神、大戸之道神、大苫邊神、面足神、惶根神、伊弉諾神、伊弉冉尊、天照皇大神、天忍穂耳神、彦火瓊々杵、彦火々出見神、鵜茅葺不合神)

末社 表参道右手

松尾神社(祭神:大山咋神・中津嶋姫命)
荒神社(祭神:素戔嗚命
水神社(祭神:罔象女神)

末社 裏参道

東照宮(祭神:徳川家康公)

宇都宮二荒山神社の概要

概要
項目内容
創建仁徳天皇41年
主祭神豊城入彦命
社格等古代社格制度式内社名神大
中世社格制度下野国一宮
近代社格制度国幣中社
現代の制度別表神社
その他 
備考

文化財

重要文化財概要
指定内容
国指定国宝
重要文化財
登録有形文化財
重要美術品三十八間星兜
鉄製狛犬
県指定有形文化財太刀 拵付(銘 法城寺和泉守橘正次)
刀 無銘(伝 宝寿)
市指定有形文化財本墨書新式和歌集
本殿勾欄擬宝珠
絹本著色三十六歌仙図

住所&地図

栃木県宇都宮市馬場通り一丁目1番1号

タイトルとURLをコピーしました