芭蕉一宿之跡の訪問録(栃木県塩谷町)日光から黒羽に向かう途中に寄ったらしい

この記事は約1分で読めます。

松尾芭蕉が日光から黒羽に向かう途中、激しい雨に打たれ一泊した地と言われている。

奥州街道(現在の国道4号線)からかなり離れた地にあり、なぜこんなところを通ったのだろうか?
日光から奥州街道に戻らずに、裏道を来ればこのあたりに来るだろうが、現在でも交通量がすごく多い道でもなく、江戸の当時となればなおさらだが…。

住所:栃木県塩谷郡塩谷町玉生632

写真ギャラリー

地図

タイトルとURLをコピーしました