黒羽城址の訪問録(栃木県大田原市)大関高増が築城した北那須最大の城郭

この記事は約1分で読めます。

黒羽城址

戦国時代の天正4年(1576年)に、大関高増が居城として以降、明治維新に至るまで大関氏(外様大名・本高1万8千石)の本拠であった。

空堀(一部水堀)と土塁からなる複郭の山城。

那須神社への崇敬深く、例大祭には城主みずから参拝し、舞を鑑賞したといわれている。

〒324-0234
栃木県大田原市前田
TEL:0287-54-1110

写真ギャラリー

地図

タイトルとURLをコピーしました