【式内社】二荒山神社別宮・本宮神社と四本龍寺、深沙王堂の参拝録(栃木県日光市)

この記事は約2分で読めます。

二荒山神社別宮・本宮神社

二荒山神社の別宮。神橋のすぐ近くにある。日光山発祥の地であり、鎮座地は本社の旧鎮座地とされる。

石鳥居

拝殿

本殿

本宮神社の概要

古代社格制度式内社(名神大)…二荒山神社として
中世社格制度
近代社格制度国幣中社…二荒山神社として
現代の制度別表神社…二荒山神社として
創建神護景雲元年(767年)
主祭神味耜高彦根命
備考二荒山神社の別宮

地図

所在地: 所在地: 〒321-1431 栃木県日光市山内

四本龍寺

二荒山神社別宮・本宮神社の裏手にある。本宮神社の旧別当寺であり、輪王寺の旧鎮座地とされる。

「四本龍寺(しほんりゅうじ)」は日光開山の祖・勝道上人が大谷川を渡った後に、千手観音を祀るお寺として建立した。勝道上人が拝んでいると四本の紫の煙が龍の形になって天に昇っていったことから「 四本龍寺 」という名前になった。日光の始まりの寺である。

観音堂

大同2年(807)に下野国司・橘利遠が千手観音を祀って堂を建てた。日光山で唯一の白木造り。

四本龍寺紫雲石

観音堂脇不動明王と護摩壇

観音堂と三重塔の間にある不動明王と護摩壇。峰修行の折最初に祈祷を奉げた所。

四本龍寺三重塔

三重塔も観音堂と同じく大同2年(807)の創建という。今の塔は源実朝の供養のために仁治2年に24世座主弁覚が 東照宮境内に建てたものといわれている。

地図

所在地: 〒321-1494 栃木県日光市 山内2300 輪王寺内
電話: 0288-54-0531

深沙王堂(じんじゃおうどう)

神橋の伝説の神を祀るお堂。

神橋には、勝道上人が日光山を開くとき、大谷川の急流に行く手を阻まれ、神仏に加護を求めた際に深沙王(じんじゃおう)が現れ、2匹の蛇を放ち、その背から山菅(やますげ)が生えて橋になったという伝説がある。この時の深沙王(じんじゃおう)を祀っている。深沙王の本地(ほんじ)は毘沙門天。

橋を渡るのをたすけたことから、「物事の橋渡し」や「恋愛の橋渡し」が連想され、縁結びの神様となっている。また、蛇信仰から「商売繁盛」の信仰もある。

日光の社寺

日本の世界遺産一覧
文化遺産法隆寺地域の仏教建造物(1993年)法隆寺法起寺姫路城(1993年)姫路城古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)(1994年)賀茂別雷神社(上賀茂神社)賀茂御祖神社(下鴨...
タイトルとURLをコピーしました