源三窟の訪問録(栃木県那須塩原市)源頼朝に追われた源義経の部下たち

源三窟入り口史跡・遺跡
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

洞窟

那須塩原市の塩原温泉にある源三窟。
断崖絶壁の上にある洞窟。
塩原八幡宮といい、なぜか源氏ゆかりの史跡があるのが塩原温泉。

壇ノ浦の戦いの後、源頼朝軍に源義経の一党として追われた「源有綱」が身をひそめたとされる洞窟。
大和国(奈良県)から塩原温泉に逃げてきたとされる。

塩原をさまよっていたところ、地元城主だった塩原八郎家忠に捕えられた。
源義経一党とわかると、洞窟内で落人の生活に入ったとのこと。
洞窟内に流れる滝水で米をといだところ、とぎ汁が洞窟の外へ流れ出て、頼朝軍に発見されてしまい、無念の最期を遂げたと伝えられている。

「源三窟」の名前は、平清盛に従い三位まで出世した祖父源三位頼政に由来する。

スポンサーリンク

写真ギャラリー

スポンサーリンク

地図

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました