乾徳寺(けんとくじ)と馬頭の静神社(武茂城跡)の参拝録(栃木県那珂川町)季節によって色んな花が楽しめる花の寺

この記事は約3分で読めます。

乾徳寺(けんとくじ)

乾徳寺入り口

山門は安土・桃山時代の様式を取り入れた千鳥破風造りで、400年前武茂家屋敷の表門としてあったものを菩提寺へ寄贈された。門の両側に武茂家の家紋が刻まれており、棟札に安永元年霜月改修されたと記され、現在にいたり県の文化財になっている。

那珂川町馬頭広重美術館の裏手にあり、寺は武茂城と一体になっている。

武茂城は東西600メートル南北290メートルで、正応・応仁の頃(1288~1299)に武茂泰宗(宇都宮氏分家)が現在の城跡の南西麗の「古館」の地に築いたのが始まりという。

本城跡は東西に接近する二つの尾根にあり、その山間低地に武茂家の菩提寺・乾徳寺がある。この寺を境として、西側に本丸・二の丸・三の丸などの生活の地域、東側は守りの地域となっていた。

宗派:曹洞宗
本尊:釈迦如来

乾徳寺の初夏(2013年)

那珂川町にある曹洞宗のお寺。龍澤山・乾徳寺。

四季折々の花が楽しめる花の寺である。

武茂三十三観音霊場であることを示す看板。

乾徳寺境内風景

八溝七福神の旗。乾徳寺は福禄寿。

乾徳寺境内風景
乾徳寺境内風景
乾徳寺境内風景
乾徳寺境内風景

山門

乾徳寺の山門
乾徳寺

花の寺(2011年)

寺の入り口付近

乾徳寺入り口

八溝七福神の案内板

乾徳寺案内図
馬頭町 禅の寺 乾徳寺 けんとくじ

住所&地図

住所 : 栃木県那須郡那珂川町馬頭114
電話 : TEL 0287-92-2247

馬頭の静神社(武茂城跡)

静神社鳥居

城址に建つ神社

静神社(しずじんじゃ)は、大同年間(806~809)誉田別命を祭神として、字若宮に祀られていた。

江戸時代の元禄年中(1688~1703)に徳川光圀公の命によって、上郷地の山腹に遷座、手力男命を併祀して静神社と称する。近くの馬頭院も徳川光圀公ゆかりの寺。

武茂城跡石碑

明治6年に村社となり、同33年に武茂城跡のこの地に奉遷された。武茂城の城主・武茂泰宗の像がそばにある。

静神社社殿

那珂川町馬頭広重美術館の裏手にあり、乾徳寺と一体になっている。

祭神:誉田別命、手力男命

近くには式内社の健部山神社(たけぶさん)が鎮座している。ヤマトタケル由来の神社。

地図

住所 : 栃木県那須郡那珂川町馬頭2576

武茂城城主像

武茂泰宗像

下野・武茂城の城主・武茂泰宗の像。

武茂氏は宇都宮城主宇都宮景綱の三男・泰宗が武茂郷を領して武茂氏を称したことに始まる。つまりは始祖の像。

那珂川町馬頭広重美術館の裏にひっそりとたてられている。

地図

周辺の観光、食事、ショッピング

寺社

那珂川沿いの国道294号線沿いは、そば街道である。

道の駅

タイトルとURLをコピーしました