NHK時代劇原作

作家ま行

宮本昌孝の「夏雲あがれ(下)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★☆☆ 花魁・関屋の禿・梅に執着する旗本の嫡男・天野重蔵。そして、江戸への道中で新吾たちから金を盗んだ掏摸・稲妻の粂を捕えたところから、蟠竜公へとつながっていく。 蟠竜公は今回...
作家ま行

宮本昌孝の「夏雲あがれ(上)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★☆☆ 「藩校早春賦」の続編。 あれから六年。筧新吾、曽根仙之助、花山太郎左の三人にも少しずつ身辺の変化が起きている。 今回、仙之助の江戸出府が決まり、太郎左も将軍台覧の剣術大会へ...
作家あ行

井川香四郎の「梟与力吟味帳 第5巻 雪の花火」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ シリーズ第五弾。 前作の最後に戻ってきた茜。仙人こと宮宅又兵衛が喜んだのはもちろんのこと、藤堂逸馬、武田信三郎、毛利八助も喜んだ。 ただ、武田信三郎にとって面白くないの...
スポンサーリンク
作家あ行

井川香四郎の「梟与力吟味帳 第4巻 花詞」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ シリーズ第四弾。 前作で、武田信三郎の父親・武田徳之介が公金横領の罪で切腹したことが語られた。今回はその時の遺書に、目付に嵌められたようだと語られていることがわかる。そ...
作家あ行

井川香四郎の「梟与力吟味帳 第3巻 忍冬」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ シリーズ第三弾。武田信三郎の家の事情というのが書かれている。 御家人・武田信三郎の父親・武田徳之介は勘定奉行勝手方の支配勘定だった。冥加金や運上金、将軍家や寺社関係の雑務や経...
作家あ行

井川香四郎の「梟与力吟味帳 第2巻 日照り草」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ 新たな登場人物として女公事師の真琴が登場。 このシリーズは吟味方与力の物語であるが、これに公事師を登場させることで、江戸時代の司法制度を浮かび上がらせようという狙いもあるよう...
作家あ行

井川香四郎の「梟与力吟味帳 第1巻 冬の蝶」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★☆☆☆☆ シリーズ第一弾。主立った登場人物達の紹介などを兼ねている。主役は梟与力こと藤堂逸馬である。これを幼馴染みの武田信三郎、毛利源之丞八助が助ける。 天保の改革真っ只中のこのシリー...
作家か行

北原亞以子の「深川澪通り木戸番小屋 第4巻 夜の明けるまで」を読んだ感想とあらすじ

本作では、すべての短編が女性が主人公となっている。もちろん、この主人公に絡んで、笑兵衛とお捨の夫婦が登場するのだが、しつこく絡むというのではない。ほどよい距離を置いて接するのだ。これは、今までのこのシリーズ通りである。
作家や・ら・わ行

山本周五郎の「赤ひげ診療譚」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

新出去定という医者は、その使命感や考え方のみならず、全体としての個性が強烈である。その新出去定がいう言葉に次のようなことがある。
作家や・ら・わ行

山本周五郎の「五弁の椿」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★★☆☆ 復讐劇が続くだけの小説かと思っていたが、第四話で同心の青木千之助が登場してから少し捕物の要素が出てくる。だが、形式的にはそうなのだが、捕物帖でも、復讐劇でもない。 この...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました