金庸

金庸の紹介と作品・著書

略歴

(1924-2018)
金庸(きんよう)。中国の小説家。浙江省海寧県生まれ。

本名は査良鏞。金庸とは筆名で、鏞の字を偏と旁に分けたもの。

1955年に「書剣恩仇録」を発表。1972年に断筆するまで15作品の長篇武侠小説を創作。

武侠小説を代表する作家で、中国、香港、台湾など世界の中華世界に12億人の読者を持つといわれる。

香港の「明報」とシンガポールの「新明日報」の創刊者でもある。

金庸、梁羽生、古龍の3人が新武侠小説の3大作家と呼ばれる。

金庸の小説(15作品)

  1. 書剣恩仇録(1955年)
  2. 碧血剣(1956年)
  3. 雪山飛狐(1957年)
  4. 射鵰英雄伝(1957年)
  5. 神鵰俠侶(1959年、邦題:神鵰剣俠)
  6. 飛狐外伝(1960年)
  7. 倚天屠龍記(1961年)
  8. 鴛鴦刀(1961年)
  9. 白馬嘯西風(1961年、邦題:白馬は西風にいななく)
  10. 連城訣(1963年)
  11. 天龍八部(1963年)
  12. 俠客行(1965年)る
  13. 笑傲江湖(1967年、邦題:秘曲 笑傲江湖)
  14. 鹿鼎記(1969年)
  15. 越女剣(1970年)
3) かなり面白い

金庸の「連城訣」を読んだ感想とあらすじ

時代がいつをモデルにしているのか分からない。というよりは、そうしたものは必要ないのかもしれない。本書は作者があとがきで書いているように、作者の幼少期に実際に聞いた話からヒントを得て作品化されたものである。
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました