11世紀から15世紀

作家あ行

井上祐美子の「臨安水滸伝」を読んだ感想とあらすじ

南宋の臨安を舞台に、岳飛将軍亡き後、その隠し財産を巡って繰り広げられる権力闘争とそれに巻き込まれる夏家の風生と資生たちの話。タイプの違う夏家の面々のキャラクター勝負という感じであろうか。また、武侠小説という側面もある。
3) かなり面白い

堺屋太一の「世界を創った男 チンギス・ハン 第4巻 天尽地果」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 第四巻の題名は「天尽地果」。つまり、「天尽き地果てるまで」である。チンギス・ハンの晩年二十年間を描く。史上最大の帝国を築いていく場面である。 大帝国を築く過程でチンギス・ハンが最初に攻撃をし、最後...
3) かなり面白い

堺屋太一の「世界を創った男 チンギス・ハン 第3巻 勝つ仕組み」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 第三巻はチンギス・ハンが漠北を統一するまでの十年足らずを描いている。その期間、チンギス・ハンの前に立ちはだかったのは盟友ジャムカであった。 二人の戦いは単なる個人的感情や氏族の立場によって生じたも...
スポンサーリンク
3) かなり面白い

堺屋太一の「世界を創った男 チンギス・ハン 第2巻 変化の胎動」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ウランバートルに造られたチンギス・ハンの像は座像だという。モンゴル人のイメージとしては馬上の征服者ではなく、「着座の帝王」なのだ。 その代わり、両脇には騎馬像がある。ボオルチュとムカリの二人である...
3) かなり面白い

堺屋太一の「世界を創った男 チンギス・ハン 第1巻 絶対現在」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント チンギス・ハンを主題とした書物が多い中、堺屋太一があえて選んだ理由を述べている。 平成になったころと同じくして、チンギス・ハンの歴史研究が飛躍的に進み、新たなチンギス・ハン像が描かれるようになった...
3) かなり面白い

ノア・ゴードンの「千年医師物語Ⅰ: ペルシアの彼方へ」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント この物語は、「千年医師物語」とあるように、千年に及ぶ"コール一族"の医者としての大河ドラマである。 大きく三部構成になっており、本作は、その第一部というべき作品で、初代"ロブ・J"を主人公としてい...
作家さ行

佐藤賢一の「オクシタニア」を読んだ感想とあらすじ

カタリ派の持つ思想がどのようなものだったかは正確に知るすべはないそうである。というのも、カタリ派自体が消滅してしまっており、カタリ派自身による資料がないためである。
3) かなり面白い

エリス・ピーターズの「修道士カドフェル番外編 修道士カドフェルの出現」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 本書でカドフェルものは最後である。 前作で、シリーズは終了している。 本作は、シリーズとは別の短編集であり、題名にあるように、カドフェルが修道士になったいきさつを描いた「ウッドストックへの道...
3) かなり面白い

エリス・ピーターズの「修道士カドフェル第20巻 背教者カドフェル」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 長編最終巻。 カドフェル・シリーズとして完結したわけではない。 作者の逝去にともなうシリーズの終了である。作者は次作の構想も練っていたようで、とても残念である。 ある意味未完のシリーズ...
2) 超面白い

エリス・ピーターズの「修道士カドフェル第19巻 聖なる泥棒」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント 1144年8月酷暑の夏だった。エセックス伯ジェフロワ・ド・マンデヴィルは暑さのために兜を脱ぎ、鎖帷子も脱ぎ捨てていた。 だが、これが仇となる。彼の頭に弓があたり、傷はたいしたことはなかったものの、...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました