鬼平犯科帳

歴史上の人物

長谷川平蔵宣雄:火付盗賊改から京都西町奉行に栄進した鬼平・長谷川平蔵宣以の父

長谷川宣雄(はせがわ・のぶお)江戸時代の旗本で、鬼平こと長谷川平蔵宣以の父。通称は平蔵(へいぞう)。この通称は息子、孫へと引き継がれる。
歴史上の人物

長谷川平蔵宣以:「鬼平犯科帳」の鬼平として知られる火付盗賊改役

長谷川宣以(はせがわ・のぶため)。通称、長谷川平蔵。父・長谷川宣雄が平蔵(へいぞう)を通称としたため、家督相続後は平蔵を通称とした。池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』の主人公「鬼平」として知られる。江戸時代中期の旗本。
作家あ行

池波正太郎の「鬼平犯科帳 第24巻 特別長編 誘拐」を読んだ感想とあらすじ

鬼平シリーズの最終巻。作者逝去に伴うもので、シリーズとして完結したわけではない。前作の続きとなる作品だけに、今後の展開がどうなるのかが楽しみなだけに残念である。

スポンサーリンク
作家あ行

池波正太郎の「鬼平犯科帳 第23巻 特別長編 炎の色」を読んだ感想とあらすじ

本書は女を主人公とした一冊である。平蔵の隠れた妹・お園、女賊・荒神のお夏。そして密偵・おまさ。この三人が織りなす物語である。お園は亡き平蔵の父の面影を残す女である。

1) 最高

池波正太郎の「鬼平犯科帳第22巻 特別長編 迷路」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(最高に面白い!)

個人的に、鬼平シリーズの中で、本書が最も長谷川平蔵が格好良く書かれている作品だと思う。特に最後の場面は、思わず"目頭が熱く"なってしまった。

作家あ行

池波正太郎の「鬼平犯科帳 第21巻」を読んだ感想とあらすじ

「麻布一本松」では、久々に木村忠吾が面白い。このところ細川峯太郎にその役回りを奪われたかたちになっていたのだが、やはり本家本元のおっちょこちょいはこうでなくてはならない。特に、最後の場面は久々に可笑しかった。

作家あ行

池波正太郎の「鬼平犯科帳 第20巻」を読んだ感想とあらすじ

最後の"寺尾の治兵衛"には『剣客商売』の無外流・秋山小兵衛の名が登場する。平蔵が田沼意次の下屋敷で催された試合で審判をつとめたのが秋山小兵衛なのである。

作家あ行

池波正太郎の「鬼平犯科帳 第19巻」を読んだ感想とあらすじ

「逃げた妻」と「雪の果て」は藤田彦七という浪人とその元妻りつが主人公となっている。りつが男と一緒に藤田彦七の元から去ったのが事の始まりである。

作家あ行

池波正太郎の「鬼平犯科帳 第18巻」を読んだ感想とあらすじ

「俄か雨」で、平蔵がけしからぬ事をした同心の細川峯太郎をいたぶる様が面白可笑しい。妻の久栄も隠れてこれを見守って笑っている。途中、あまりの事に、うーんと気絶してしまう細川峯太郎。

1) 最高

池波正太郎の「鬼平犯科帳第17巻 特別長編 鬼火」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

事の始まりは偶然のようなものである。たまたま平蔵が立ち寄った権兵衛酒屋で曲者を見たために、この事件に平蔵ら火盗改方が関わることになるのだから。単純に見えた事件がやがて膨らんでいき、思っても見ないような事件へと発展する。

スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました