高橋義夫

4) 面白い

高橋義夫の「御隠居忍法 第1巻」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 主人公は鹿間狸斎。狸斎は号で、名は理助。狸斎は四十の声を聞いたとたんに養子の忍に家督を譲り隠居した。 御広敷伊賀者、いわゆる御庭番の家柄。伊賀時代には服部半蔵と同格の家格であり、漢の服部と呼ばれる...
4) 面白い

高橋義夫の「狼奉行」を読んだ感想とあらすじ

「狼奉行」が直木賞受賞作。雪深い山奥で、藩の中央とは離れつつも、藩の政争に巻き込まれてしまう祝靱負。その祝靱負も、みつや古沢十兵衛ら土地に根付いた者と生活していくうちに、次第に心が変化していく。
作家た行

高橋義夫の紹介と作品・著書

略歴 (1945 - )高橋義夫。作家。千葉県船橋市生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒。雑誌編集者を経て作家活動に入る。1991年「狼奉行」で第106回直木三十五賞。田舎暮しの先駆的実践者としても知られ、東北地方を拠点の一つとして幅広...
タイトルとURLをコピーしました