飯嶋和一

2) 超面白い

飯嶋和一の「黄金旅風」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント 目の前で巨大な扉がギギィとゆっくりと閉っていくのを見ているかのような感じに襲われる。そして、最後の二ページは、扉がバタンと閉じた瞬間を見ているような感じですらある。 輝くような貿易黄金時代を象徴す...
1) 最高

飯嶋和一の「雷電本紀」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!凄い小説だ!)

覚書/感想/コメント 表立ってというわけではないが、物語の根底に渦巻く怨念というか怒りというものが、ページをめくる毎に伝わってくる。 それは決して粘着質なドロドロとしたものではなく、淡々と語られる物語の裏に脈々と流れる...
1) 最高

飯嶋和一の「始祖鳥記」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!凄い小説だ!)

"鳥人"といわれた備前屋幸吉の生涯を描いた歴史小説。物語は備前屋幸吉から始まるので、主人公は幸吉と思いがちであるが、中盤は巴屋伊兵衛、福部屋源太郎らが主人公であり、そのほかにも後半には三階屋仁右衛門が重要な人物として登場している。
作家あ行

飯嶋和一の紹介と作品・著書

略歴 (1952-   )山形県生まれ。法政大学卒業。中学校教諭、予備校講師などを経て執筆活動に専念。 1988年「汝ふたたび故郷へ帰れず」で文藝賞受賞。2000年「始祖鳥記」で第六回中山義秀文学賞受賞。2008年「出星前夜」...
タイトルとURLをコピーしました