近世イタリア

3) かなり面白い

塩野七生の「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」を読んだ感想とあらすじ

「めったにしゃべらない、しかし常に行動している男」といわれた、三十一年という短い生涯のチェーザレ・ボルジアを描いている。解説で沢木耕太郎が述べているのは実に的を射ているように思う。
4) 面白い

塩野七生の「ルネサンスの女たち」を読んだ感想とあらすじ

ルネサンスという時代の中を生きた女性を主人公としている。特に、最初の三人。イザベッラ・デステ、ルクレツィア・ボルジア、カテリーナ・スフォルツァはチェーザレ・ボルジアが深く絡んだ人生を送っている。

2) 超面白い

塩野七生の「神の代理人」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント ルネサンスを彩る法王たち。本書で取り上げられている法王の内3人まではボルジア一家と何らかの強い関係のある法王である。本書を合わせて、「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」「ルネサンスの女たち」を読...
2) 超面白い

塩野七生の「レパントの海戦」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント レパントの海戦の戦闘時間は短い。5時間足らずで決着がついてしまったのである。 歴史上このレパントの海戦は重大な事件として捉えられている。特にヨーロッパ側から見た歴史に於いては、この時代対イスラム戦...
3) かなり面白い

塩野七生の「ロードス島攻防記」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 前作の「コンスタンティノープルの陥落」は歴史上とても重大な事件であった。それに比べると、今回の舞台となるロードス島の聖ヨハネ騎士団の盛衰は、重要度が格段に落ちる。 また、ロードス島の要塞自体もコン...
2) 超面白い

塩野七生の「コンスタンティノープルの陥落」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

地中海の覇権争いを描いた3部作の第1作目。東ローマ帝国側からとオスマン・トルコ側からの視点を、それぞれの立場の人間を複数登場させつつ、こまめに入れ替える事で、緊迫感と臨場感がうまく演出出来ている。

2) 超面白い

塩野七生の「黄金のローマ 法王庁殺人事件」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント マルコ・ダンドロを主人公とするシリーズ第三弾。舞台はローマへと移る。 ヴェネツィアが緋色で、フィレンツェが銀色、そしてローマは金色と題されたこのシリーズ。言い得て妙と思える程、都市の印象を色でうま...
2) 超面白い

塩野七生の「銀色のフィレンツェ メディチ家殺人事件」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

覚書/感想/コメント 今度の舞台はフィレンツェ。マルコの口を通して語られているが、ヴェネツィアとフィレンツェを比較した場合、その政治体制もさることながら、美に対する意識の差が顕著なのも特徴的であろう。フィレンツェの持つ美に対...
1) 最高

塩野七生の「緋色のヴェネツィア 聖マルコ殺人事件」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

ルネサンス歴史絵巻三部作の一作目。三作を通じて、マルコ・ダンドロとオリンピアが登場する。内容ではオリンピアに触れなかったが、重要な登場人物である。このオリンピアは一体何者なのかは本書で確認頂きたい。

タイトルとURLをコピーしました