藤沢周平

作家は行

藤沢周平の「秘太刀馬の骨」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

単純に時代小説というよりは、時代ミステリーといった方がよい作品。石橋銀治郎を探偵とすると、主人公の浅沼半十郎は探偵助手で、その探偵助手から見た小説。
作家は行

藤沢周平の「雪明かり」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

直木賞受賞前後の短編集。大雑把には前半が市井もので、後半が武家ものだが、中間のものは市井もの武家もの半々である。藤沢周平としては前期の作品群になる。
作家は行

藤沢周平の「隠し剣秋風抄」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

隠し剣シリーズの第二弾。全九編の短編集。前回同様、今回も独創的な秘剣が炸裂する。さて、印象に残る短編は、「暗黒剣千鳥」「盲目剣谺返し」の二編。「盲目剣谺返し」は2006年公開の「武士の一分」の原作である。
作家は行

藤沢周平の「隠し剣孤影抄」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

それぞれの秘剣に特徴があるのが本書の魅力であろう。独創的な秘剣がそれぞれに冴えわたる。それがどのようなものなのかは、本書を是非読まれたい。特に印象的なのは、二編目の「臆病剣松風」と「宿命剣鬼走り」である。
作家は行

藤沢周平の「三屋清左衛門残日録」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

「蝉しぐれ」と甲乙つけがたい名作である。連作という形を取っているが、全体を通じての話の流れがある。さて、「三屋清左衛門残日録」では老年というわけではないが、仕事を引退した者の悲哀と希望がうまく画かれている。
作家は行

藤沢周平の「蝉しぐれ」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(最高に面白い!)

藤沢周平ファンならご存じの海坂藩を舞台にした長編であり、藤沢周平のみならず時代小説のなかでも筆頭にあげられる名著の一つである。幼い日の淡い恋心を題材にしつつ、藩の権力闘争に翻弄される主人公の物語が一つの骨格にある。
作家は行

藤沢周平の紹介とその作品群

藤沢周平の作品を紹介しています。映画化された作品も数多くあります。また、藤沢周平の作品には故郷である山形の庄内平野を舞台にした架空の藩・海坂(うなさか)藩が多く登場します。