藤沢周平

NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「半生の記」を読んだ感想とあらすじ

この一冊は、まさに、藤沢周平の半生の自伝である。「半生の記」と「わが思い出の山形」をあわせると、作家になるまでの半生が詳しく描かれている。そして、最期に付けられている年譜は、作家になってからの足跡がわかるようになっている。
NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「藤沢周平の世界」を読んだ感想とあらすじ

1では、文庫の巻末解説や全集の解説などが収められている。2で対談、インタビュー、講演がまとめられている。
NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「漆の実のみのる国」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

米沢藩中興の祖であり、江戸時代を通じて名君の誉れの高い上杉鷹山を主人公とした小説である。藤沢周平は以前に同じテーマで「幻にあらず」を書いているが、藤沢周平としては珍しいことである。
NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「逆軍の旗」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

歴史上の事件を扱った短編集である。「逆軍の旗」は明智光秀を扱い、「上意改まる」「二人の失踪人」は藤沢周平の郷里の歴史を題材にとったものである。最後の「幻にあらず」は上杉鷹山を主人公とした短編である。
NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「暁のひかり」を読んだ感想とあらすじ

「暁のひかり」「馬五郎焼身」「おふく」の三作品は、共通してある種のやりきれなさを感じさせる作品である。「暁のひかり」では病身の少女、「馬五郎焼身」では馬五郎の死んだ娘、「おふく」ではおなみの人生がそのように感じさせる。
NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「玄鳥」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

「玄鳥」「浦島」は剣客としての腕は確かなものの、「玄鳥」では粗忽者の曾根兵六、「浦島」では酒で失敗をした御手洗孫六というダメ侍が主人公又は重要な登場人物となっている。コミカルな一面、わびしさと寂しさを感じる作品となっている。
NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「長門守の陰謀」を読んだ感想とあらすじ

「夢ぞ見し」読み終わった瞬間に、スカッとした気分になる短編である。最後の下りで、昌江が溝江啓四郎のいた昔の記憶をたどり、だんだん笑いがこみ上げて来るシーンがある。
NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「日暮れ竹河岸」を読んだ感想とあらすじ

前半の<江戸おんな絵姿十二景>は、一枚の絵から主題を得て、一月から十二月までの季節に対応した短い話を作り上げるという遊び心のある趣向で書かれたものである。それぞれの中に季節を感じ取れる内容となっている。
NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「麦屋町昼下がり」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

本書に収録された短編は、いずれもが藤沢周平作品の中では珍しい長さの短編である。藤沢周平の場合、ほとんどの短編が、本書に収録されたものよりも短い。
NO IMAGE 作家は行

藤沢周平の「小説の周辺」を読んだ感想とあらすじ

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと区分けされており、Ⅰが藤沢周平が住んでいる場所や日常の風景を綴ったもので、Ⅱが郷里のことを綴ったものとなっている。Ⅲは小説についての背景などを綴っているが、多くは俳句の『海坂』や長塚節、小林一茶など、俳句に関することとなっている。