英雄

作家さ行

ジョーセフ・キャンベル「千の顔をもつ英雄」の読書備忘録(要約と紹介と感想と)

千の顔をもつ英雄 本書の目的は、世界中のおとぎ話や神話を多く引用して、神話が持つ本来の意味が自然と分かるようにし、擬人化されて語られる物語の真の姿を明らかにすることである。 その謎を解く鍵として精神分析の手法を取り入れ...
1) 最高

宮城谷昌光の「楽毅」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

覚書/感想/コメント あの諸葛亮孔明が敬慕した名将・楽毅(がっき)。 日本人好みの将である。 寡兵で大軍に挑むところなどは、日本でいえば楠木正成や源義経、山中鹿之助といったところと同じだろう。 ただし、楽毅...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました