立花宗茂

歴史上の人物

立花宗茂:秀吉から忠義も剛勇も鎮西一と称えられた武将

立花宗茂(たちばな・むねしげ)略歴 永禄11年(1568)~寛永19年(1642)。74才。安土桃山時代から江戸時代前期の大名。 初名は宗虎、その後、統虎、鎮虎、正成、俊正、経正。剃髪後、立斎と号した。 筑前岩屋城主・高...
4) 面白い

海音寺潮五郎の「剣と笛」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント バラエティに富んだ短編集である。 「剣と笛」は幸田露伴の晩年の作、「雪たたき」を発端とした作品である。幸田露伴の「雪たたき」の出典は足利季世記の一章「雪たたき」である。この足利季世記の一章「雪たた...
作家た行

童門冬二の「小説-立花宗茂」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 戦国武将としては二人の父の方が名前が知れているだろう。また、妻の誾千代も有名であるため、少し影の薄い印象のある立花宗茂であるが、ホォこういう大名なのかと初めて知る一面が多い小説である。 小説での立...
タイトルとURLをコピーしました