神道

作家や・ら・わ行

安丸良夫「神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈―」の読書備忘録(要約と紹介と感想と)

廃仏毀釈は1,000年以上の年月を経て日常にしみついた宗教観を、ごく一部の者がズタズタに引き裂いた。それゆえに混乱と恐怖を巻き起こしたのは当然だった。 廃仏毀釈を、仏教が伝来する前の古代への復古主義としての反動とみることもで...
作家あ行

義江彰夫「神仏習合」の読書備忘録(要約と紹介と感想と)

明治初期における廃仏毀釈により、現在では神仏が分離している。神社は神社で、寺院は寺院である。 だが、日本の宗教観は、1,000年以上の長い時間をかけて、神祇信仰と仏教が融合した神仏習合がベースにある。神仏習合は神仏混淆ともい...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました