社格制度

一覧

名神大社の一覧(都道府県別)

名神大社(みょうじんたいしゃ)は、式内社の中でも特に由緒正しく、霊験にすぐれた祭神を祭る神社を言う。 東北地方 宮城県 陸奥国 苅田嶺神社 刈田嶺神社 (刈田郡蔵王町)(論)刈田嶺神社 (刈田郡七ヶ宿...
一覧

近代社格制度(都道府県別)

近代社格制度 社格は官社、諸社(民社)、無格社に分けられた。伊勢の神宮は、「全ての神社の上にあり、社格のない特別な存在」とされた。 神宮(伊勢神宮)(最尊貴の神社として社格制度の対象外とされた) 官国幣社(官社) ...
一覧

中世社格制度(都道府県別)

一之宮は、奈良時代から明治初期までの地理的区分だった律令国内で最も社格の高い神社。1国あたり1社が基本。次に社格が高い神社を二宮、その次を三宮と呼び、一部の国では四宮以下が定められている。全て「延喜式神名帳」の式内社の中から選定されているが、最も格の高い名神大社だけに限られているわけではない。また、神位の高低によるわけではなく、小社が一之宮になっている例もある。

一覧

現代の神社の制度(都道府県別)

本宗と神社本庁と単立神社 本宗 別格の伊勢神宮。正式名称は「神宮」。他の神宮と区別するための通称が伊勢神宮。伊勢神宮はすべての神社の上にあり、社格がない「別格」である。 神社本庁 約8万社の神社を傘下に置く。下に都...
タイトルとURLをコピーしました