直木三十五賞

各文学賞の受賞作品一覧

直木三十五賞の一覧

直木三十五賞(なおきさんじゅうごしょう)。無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞。通称が直木賞。主催:公益財団法人日本文学振興会
作家は行

星川清司の「小伝抄」を読んだ感想とあらすじ

文化、文芸、芸術、民芸、社会風俗...こうしたものをもちだされると、直木賞選考委員は弱いようである。己がそうしたものへの深い理解があることを誇示したいためだろうか、それとも知らないことを隠したいからであろうか...。
作家ま行

松井今朝子の「吉原手引草」を読んだ感想とあらすじ

第137回直木三十五賞受賞作品。ある「客」が花魁・葛城について関係者に話を聞き回るという筋立て。全てが一人称で、目次のとおり基本的に十六人の視点から葛城が語られる。
スポンサーリンク
作家ま行

宮城谷昌光の「夏姫春秋」を読んだ感想とあらすじ

夏姫は「妖婦」、巫臣は「佞臣」のイメージがあった。夏姫は、かの女を撫有したものはつぎつぎ奇禍に遭う。恐ろしい女だというイメージがある。
作家さ行

司馬遼太郎の「梟の城」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

第42回直木賞受賞作品。伊賀忍者の葛籠重蔵、風間五平、木さる。そして謎の女・小萩。それぞれの思惑が入り乱れる忍びを主人公とした小説。舞台となるのは、秀吉の晩年。

作家た行

高橋義夫の「狼奉行」を読んだ感想とあらすじ

「狼奉行」が直木賞受賞作。雪深い山奥で、藩の中央とは離れつつも、藩の政争に巻き込まれてしまう祝靱負。その祝靱負も、みつや古沢十兵衛ら土地に根付いた者と生活していくうちに、次第に心が変化していく。
作家さ行

佐藤賢一の「王妃の離婚」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

エンターテインメント性に優れかつ文学的な香りもする作品である。本書は中世フランスの裁判を扱った作品。教会が行う裁判であるため、宗教裁判といってもよいのだが、その実は離婚裁判である。

作家あ行

乙川優三郎の「生きる」を読んだ感想とあらすじ

直木賞受賞作を含む短編三作品。全てがテーマとしている事が暗い。最初は追腹、つまり藩主がなくなった後、切腹して藩主の元にゆくという行為の話。
作家は行

藤沢周平の「暗殺の年輪」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

第69回直木賞受賞作品。藤沢周平のデビュー当時の作品群であるが、ほとんど全てが直木賞候補になっている。そして、「暗殺の年輪」が第69回直木賞受賞作品となる。
作家さ行

佐藤雅美の「恵比寿屋喜兵衛手控え」を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

江戸時代の裁判制度のうち、現代の民事裁判に相当する裁判を題材にしている。この民事裁判に相当する訴訟に挑む際、公事宿を根城にして訴訟に挑むことになる。この公事宿の主人が恵比寿屋喜兵衛である。
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました