海洋冒険小説

作家さ行

佐伯泰英の「古着屋総兵衛影始末 第11巻 帰還!」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント シリーズ第十一弾。このシリーズの最終巻である。 あとがきでは第一部の幕を下ろすとなっているので、六代将軍徳川家宣の時代の間部詮房、新井白石、荻原重秀といったところを敵役にして新シリーズが出てくるか...
作家さ行

佐伯泰英の「古着屋総兵衛影始末 第10巻 交趾!」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント シリーズ第十弾。題名の「交趾」は「こうち」と読む。交阯とも書くことがある。また、「こうし」と読むこともある。前漢から唐にかけて置かれた中国の郡の名称で、現在のベトナム北部ソンコイ川流域地域を指すそうだ。...
作家さ行

佐伯泰英の「古着屋総兵衛影始末 第9巻 難破!」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント シリーズ第九弾。二度目の航海に出発した大黒丸に危難が迫ろうとしている。そのことを知る船大工の箕之吉の行方を捜して総兵衛らと柳沢吉保の手下が動き出す。 そして、大黒丸に乗り込んだ総兵衛はこの航海で最...
3) かなり面白い

海音寺潮五郎の「蒙古来たる」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 元寇を舞台にした小説で、伝奇的要素が満載であり、海洋冒険小説でもある。 主人公は北条時宗ではない。前半は獅子島小一郎が、そして、前半の途中から河野道有が主人公という感じである。二人とも鎌倉幕府の御...
作家さ行

白石一郎の「海王伝」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「海狼伝」の続編 日本を飛び出した黄金丸と乗組員たち。そして、この航海と共に成長していく笛太郎と三郎の二人。さらに今回は牛之助とプラヤーの二人の活躍も目が離せない。 日本を飛び出してしまった...
4) 面白い

白石一郎の「海狼伝」を読んだ感想とあらすじ

九州の西北部を拠点にする松浦衆と瀬戸内海を拠点とする村上衆のそれぞれの海賊のあり方、船の操作から戦略に至るまで、違いが明確に描かれている。
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました