海坂藩

4) 面白い

藤沢周平の「闇の梯子」を読んだ感想とあらすじ

「相模守は無害」では海坂藩が舞台となっている。だが、公儀隠密によって探られる藩として登場する。公儀隠密が入り込むということは、なにやらきな臭い感じである。
3) かなり面白い

藤沢周平の「闇の穴」を読んだ感想とあらすじ

「闇の穴」は劇的とも言える終り方が印象的である。それは峰吉が最期に吐く科白「しろうとは、恐え」に集約されている。この科白の登場する部分には思わず唸ってしまった。ベストのタイミングで登場するのである。流石は藤沢周平である。
2) 超面白い

藤沢周平の「冤罪」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

武家ものの短編集である。「唆す」「潮田伝五郎置文」が海坂藩もの。正確には、「唆す」は海坂藩が舞台にはなっていないが、主人公の仕えていた藩として登場する。
3) かなり面白い

藤沢周平の「静かな木」を読んだ感想とあらすじ

あっという間に読み終わるような、ごくごく短い短編集である。最後の「偉丈夫」は、漆蝋を廻る国境の問題をテーマにしており、何となく「漆の実のみのる国」を彷彿させる。
3) かなり面白い

藤沢周平の「竹光始末」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

短編6作。武家ものと市井ものが織混ざった作品集である。「竹光始末」「恐妻の剣」「乱心」「遠方より来る」が武家もの、「石を抱く」「冬の終りに」が市井ものとなる。また、「竹光始末」「遠方より来る」が海坂藩を舞台にしている。
2) 超面白い

藤沢周平の「暗殺の年輪」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

第69回直木賞受賞作品。藤沢周平のデビュー当時の作品群であるが、ほとんど全てが直木賞候補になっている。そして、「暗殺の年輪」が第69回直木賞受賞作品となる。
3) かなり面白い

藤沢周平の「雪明かり」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

直木賞受賞前後の短編集。大雑把には前半が市井もので、後半が武家ものだが、中間のものは市井もの武家もの半々である。藤沢周平としては前期の作品群になる。
3) かなり面白い

藤沢周平の「隠し剣孤影抄」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

それぞれの秘剣に特徴があるのが本書の魅力であろう。独創的な秘剣がそれぞれに冴えわたる。それがどのようなものなのかは、本書を是非読まれたい。特に印象的なのは、二編目の「臆病剣松風」と「宿命剣鬼走り」である。
1) 最高

藤沢周平の「蝉しぐれ」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(最高に面白い!)

藤沢周平ファンならご存じの海坂藩を舞台にした長編であり、藤沢周平のみならず時代小説のなかでも筆頭にあげられる名著の一つである。幼い日の淡い恋心を題材にしつつ、藩の権力闘争に翻弄される主人公の物語が一つの骨格にある。

タイトルとURLをコピーしました