江戸開幕当初

歴史上の人物

丸目蔵人佐長恵「タイ捨流」を興した上泉信綱の四天王と呼ばれた九州の剣術家

丸目蔵人佐長恵(まるめ・くらんどのすけ・ながよし)はタイ捨(たいしゃ)流の創始者として知られる。通称は蔵人佐(くらんどのすけ)、または石見守。丸目蔵人(まるめ・くらんど)の名で広く知られる。本姓は藤原。号は徹斎。晩年は剃髪して石見入道徹斎を名乗った。
歴史上の人物

上泉伊勢守信綱「剣聖」と呼ばれる新陰流を興した関東(上野国)の武人

「剣聖」と呼ばれる関東の武人・上泉伊勢守信綱。新陰流の祖。読みは「かみいずみ」または「こういずみ」。居城のあった前橋市上泉町は「かみいずみ」。「言継卿記」には大胡武蔵守または上泉武蔵守信綱で出ている。

3) かなり面白い

池宮彰一郎の「本能寺」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 織田信長の解釈が面白いし、なるほどと思ってしまう。話は織田信長と明智光秀、木下藤吉郎を中心に語られていく。 「信長ほど、裏切られ背かれた者は他に例を見ない。なぜ背かれるのか、その理由は彼の躍進にあ...
スポンサーリンク
作家か行

北沢秋の「哄う合戦屋」を読んだ感想とあらすじ

信濃を舞台にして、天才軍略家の悲哀を描いている。南は武田晴信。北は村上義清、そして背後に長尾景虎。目の前には小笠原長時。そうした勢力図の中、天才軍略家・石堂一徹が使えることにしたのは、内政に長けている遠藤吉弘。
作家な行

永岡慶之助の「伊達政宗」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 伊達政宗の生涯を描いた作品。 上巻は政宗が家督を相続する時期から、秀吉に屈服するまでの期間を描いている。 伊達政宗といえば、戦上手というイメージがあるかもしれないが、戦以上に上手かったのが謀...
作家た行

田渕久美子の「江 姫たちの戦国」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 2011年NHK大河ドラマ原作。 二代目将軍・徳川秀忠の正室であり、三代目将軍・家光の母、浅井長政の三女、織田信長の姪である、江(ごう)を主人公としている。 戦乱の時代から平和の時代へ移り変...
3) かなり面白い

山田風太郎の「甲賀忍法帖」を読んだ感想とあらすじ

甲賀と伊賀の四百年にわたる宿命の対決が、二人の男女によって終焉を迎えようとしていたまさにその時、戒めが解かれ、両者の忍法対決が始まろうとしていた。戒めが解かれたのは、勝った方に賭けたものを三代将軍にすると大御所・家康が決めたからであった…。

作家あ行

赤瀬川隼の「王国燃ゆ 小説 大友宗麟」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 王国燃ゆ―小説 大友宗麟 ★★★★★☆☆☆☆☆ 九州のキリシタン大名・大友宗麟の人生を描いた小説。 戦国時代、多くのキリシタン大名がいたが、その多くは南蛮文化や貿易で得られる富を求めての俄かキリシタ...
作家な行

西津弘美の「高橋紹運 戦国挽歌」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 高橋紹運(たかはしじょううん)。立花宗茂の父である。 大友家末期、大友宗麟が豊臣秀吉に泣きついて軍勢を出してもらい、それが到着するまで、島津家を食い止めたのが、高橋紹運...
作家あ行

遠藤周作の「王の挽歌」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 九州を代表する戦国大名の一人、大友宗麟の生涯を描いた小説。大友宗麟はキリシタン大名としても知られ、遠藤周作氏らしい題材ともいえる。 小説は、大友宗麟の内面の葛藤に焦点を当てて進められていく。心の平...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました