江戸時代の仇討や決闘

3) かなり面白い

池波正太郎の「堀部安兵衛」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 高田馬場の決闘、吉良邸討入りで有名な堀部安兵衛を主人公とした小説。前半生はよく分かっていないようなのだが、そこは小説家の想像力で描ききっている。 いわゆる「忠臣蔵」を書くためのものではないので、吉...
3) かなり面白い

池波正太郎の「あほうがらす」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 赤穂浪士もの関係が「火消しの殿」「元禄色子」。 真田騒動関連が「運の矢」。 さて、注目したいのが、「鳥居強右衛門」「つるつる」の二つの短編。 「鳥居強右衛門」は「忍びの風」でも大幅にペ...
タイトルとURLをコピーしました