武田泰淳

作家た行

武田泰淳の「十三妹(シイサンメイ)」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 小学生の高学年から中学生の時分にはとても面白く読めた作品だろうと思う。解説の田中芳樹が、新聞連載されていた当時、小学生であったが毎日ワクワクしながら読みすすみ、続きを楽しみにしていたというから、対象読者...
作家た行

武田泰淳の紹介と作品・著書

略歴 (1912-1976)武田泰淳。作家。東京都出身。東京大学支那文学科中退。第一次戦後派作家として活躍した小説家。妻は随筆家の武田百合子、娘は写真家の武田花。終戦後、北海道大学法文学部助教授として勤務するが、翌年には「近代文学」...
タイトルとURLをコピーしました