松平定信

歴史上の人物

松平左金吾定寅:松平定信と同族の久松松平氏出身で、鬼平・長谷川平蔵宣以の同僚

堀帯刀のあとを継いで火付盗賊改の本役に就いたのが、それまで助役だった長谷川平蔵宣以だった。その助役として松平左金吾定寅が就いた。本役の長谷川宣以とは確執があった。松平左金吾定寅は老中首座の松平定信と同族の久松松平氏(徳川家康の実弟の家系)であった。
歴史上の人物

長谷川平蔵宣以:「鬼平犯科帳」の鬼平として知られる火付盗賊改役

長谷川宣以(はせがわ・のぶため)。通称、長谷川平蔵。父・長谷川宣雄が平蔵(へいぞう)を通称としたため、家督相続後は平蔵を通称とした。池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』の主人公「鬼平」として知られる。江戸時代中期の旗本。
歴史上の人物

根岸肥前守鎮衛:「耳袋」の著者で刺青の噂のあった名南町奉行

名南町奉行 根岸肥前守鎮衛(ねぎし・ひぜんのかみ・やすもり)もしくは(しずもり)。 元文2年(1737年)―文化12年11月4日(1815年)(79歳) 江戸時代中期から後期にかけての旗本で、将軍は徳川家重→徳川家治→徳川...
スポンサーリンク
歴史上の人物

松平定信:寛政の改革を主導した白河藩主、第八代将軍・徳川吉宗の孫

略歴 宝暦8年(1759年)-文政12年(1829年)(71歳) 江戸時代が慶長8年(1603年)から慶応4年/明治元年(1868年)の265年間なので、江戸時代中期から後期にかけて活躍した政治家。 寛政の改革を主...
史跡・遺跡

浴恩園跡 ようするに築地市場 松平定信ゆかりの場所

松平定信ゆかりの旧庭園 築地の中央卸売市場は、天下の名園とうたわれた浴恩園があったところ。旧園の跡は関東大震災で消滅し、その面影を刻んだ銅版画のみが市場内に保存されている。 築地市場駅を降りて、場外市場絵向かう途中、ふと...
史跡・遺跡

従是北白川領 ここを境に関東と東北に分かれまーす

石柱 境の明神の向い側にたたずむ石柱。 松平定信の時代に建てられたという。 ちかくには、南部藩出身と伝わる一家が営んだ「南部屋」と称する茶屋跡がある。 ここが、関東と東北の境目である。 写真ギャラリー 地...
史跡・遺跡

南湖は日本最初の公園「松平定信ゆかりの地」白河市[国の史跡][国の名勝]

南湖の紹介と写真の掲載。南湖は日本最初の公園といわれる。松平定信ゆかりの地でもある。大正13年に「南湖公園」として国の史跡名勝となった。
史跡・遺跡

南湖神社 祭神は松平定信 白河市

南湖神社の紹介と写真の掲載。南湖神社は大正9年に渋沢栄一が尽力を尽くし勧請したのが始まり。祭神は白河藩主の中でも名君と言われた松平定信公
史跡・遺跡

白河小峰城「江戸時代の宰相・松平定信ゆかりの城」白河市[国の史跡]

白河小峰城の紹介と写真の掲載。日本100名城のひとつであり、国の史跡に指定されている。震災の影響で、天守には行けなかった。ごらんのとおり、石垣が崩れている。
作家か行

風野真知雄の「耳袋秘帖 第10巻 神楽坂迷い道殺人事件」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント ★★★★★★★☆☆☆ シリーズ第十弾。今回は牛込の神楽坂を舞台に、七福神を題材とした事件。神楽坂にある善國寺は毘沙門天で有名であり、池上本門寺の末寺にあたる。 今回のキーとなる七福神だが、その由来は意...
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました