映画の原作

3) かなり面白い

藤沢周平の「雪明かり」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

直木賞受賞前後の短編集。大雑把には前半が市井もので、後半が武家ものだが、中間のものは市井もの武家もの半々である。藤沢周平としては前期の作品群になる。
3) かなり面白い

藤沢周平の「隠し剣秋風抄」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

隠し剣シリーズの第二弾。全九編の短編集。前回同様、今回も独創的な秘剣が炸裂する。さて、印象に残る短編は、「暗黒剣千鳥」「盲目剣谺返し」の二編。「盲目剣谺返し」は2006年公開の「武士の一分」の原作である。
1) 最高

池波正太郎の「雲霧仁左衛門」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(最高に面白い!)

火付盗賊改方ものであるが、「鬼平犯科帳」とは異なり、長官自ら活躍するというものではない。時代も、「鬼平犯科帳」よりも前の時代の物語である。

3) かなり面白い

藤沢周平の「隠し剣孤影抄」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

それぞれの秘剣に特徴があるのが本書の魅力であろう。独創的な秘剣がそれぞれに冴えわたる。それがどのようなものなのかは、本書を是非読まれたい。特に印象的なのは、二編目の「臆病剣松風」と「宿命剣鬼走り」である。
1) 最高

藤沢周平の「蝉しぐれ」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(最高に面白い!)

藤沢周平ファンならご存じの海坂藩を舞台にした長編であり、藤沢周平のみならず時代小説のなかでも筆頭にあげられる名著の一つである。幼い日の淡い恋心を題材にしつつ、藩の権力闘争に翻弄される主人公の物語が一つの骨格にある。

2) 超面白い

海音寺潮五郎の「天と地と」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(面白い!)

本書は上杉謙信の側から見事に描ききった小説であると思う。本書では、上杉謙信が亡くなるまでを描いているのではない。しかし、重要な局面で印象的に小説は終了している。
タイトルとURLをコピーしました