映画の原作

3) かなり面白い

井上靖の「おろしや国酔夢譚」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

覚書/感想/コメント 「序章」で大黒屋光太夫ら伊勢漂民以外のロシアに漂着した漂民を簡単に書いている。それらの漂民は日本に帰ることはかなわなかった。だが、この小説の主人公大黒屋光太夫は日本に帰ることを得たのである。 帰る...
2) 超面白い

酒見賢一の「墨攻」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(面白い!)

物語の始まりは墨子と公輸盤との論戦から始まる。この論戦で語られることが、物語の最後で効いてくる重要な伏線となっている。さて、墨子は謎に包まれている思想家である。そして、その集団も謎に包まれたままである。
3) かなり面白い

井上靖の「敦煌」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

敦煌が脚光を浴びるのは、20世紀になってからである。特に注目を浴びたのは、敦煌の石窟から発見された仏典である。全部で4万点。

4) 面白い

井上靖の「風林火山」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

物語は、山本勘助が武田家に仕え、勘助が死んだ武田信玄(武田晴信)と上杉謙信(長尾景虎)との幾度と行われた戦の中で最大の川中島の決戦までを描いている。
3) かなり面白い

藤沢周平の「時雨のあと」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

「闇の顔」の犯人は一体誰なのか。最後までわからず、そして、その犯人が意外な人物であることに思わず唸ってしまう作品。「鱗雲」では、二人の女性の対照的な結末が印象的な作品である。
4) 面白い

藤沢周平の「時雨みち」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

「帰還せず」と「滴る汗」は藤沢周平には珍しい公儀隠密もの。印象に残る作品は「山桜」と「亭主の仲間」。「山桜」が2008年に映画化された。
作家は行

藤沢周平の「闇の歯車」を読んだ感想とあらすじ

職人のような作品を作る事が多い藤沢周平としては、意外に派手な印象がある。だから、一度読んでしまうと、はっきりと粗筋が頭に残ってしまう。そういう意味では映像化しやすい内容だとも言える。
3) かなり面白い

藤沢周平の「竹光始末」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

短編6作。武家ものと市井ものが織混ざった作品集である。「竹光始末」「恐妻の剣」「乱心」「遠方より来る」が武家もの、「石を抱く」「冬の終りに」が市井ものとなる。また、「竹光始末」「遠方より来る」が海坂藩を舞台にしている。
2) 超面白い

藤沢周平の「たそがれ清兵衛」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(面白い!)

短編八作。全てが、剣士としては一流なのだが、一癖も二癖もある人物が主人公となっている。2002年の映画「たそがれ清兵衛」(第76回アカデミー賞外国語作品賞ノミネート。)の原作のひとつ。
1) 最高

池波正太郎の「鬼平犯科帳第22巻 特別長編 迷路」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(最高に面白い!)

個人的に、鬼平シリーズの中で、本書が最も長谷川平蔵が格好良く書かれている作品だと思う。特に最後の場面は、思わず"目頭が熱く"なってしまった。

作家あ行

池波正太郎の「鬼平犯科帳 第8巻」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

今ひとつピリッとした感じがない。平蔵ら火付盗賊改方の派手な大立ち回りや、なじみの密偵達の華々しい活躍が乏しく感じられるためだろう。唯一「流星」がスケールを感じる短編である。

3) かなり面白い

池波正太郎の「鬼平犯科帳 第6巻」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

主立った登場人物が登場しつくし、登場人物が落ち着いてきている。本作で印象に残るのが、「大川の隠居」である。火付盗賊改方に盗っ人が入り込み、その盗っ人と平蔵の駆け引きがとても面白い作品である。

2) 超面白い

池波正太郎の「鬼平犯科帳 第2巻」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(面白い!)

本書、第二話「谷中・いろは茶屋」で同心の中でも憎めない登場人物の木村忠吾が初登場する。本書では二話で主要な役割を果たす。また、小房の粂八と相模の彦十は密偵として板に付き始めてきているようである。

1) 最高

池波正太郎の「闇の狩人」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)(最高に面白い!)

仕掛人の世界と盗賊の世界。本書はある意味「鬼平犯科帳」の盗賊の世界と「仕掛人・藤枝梅安」の香具師の世界を同時に楽しめる、かなりおいしい作品である。

3) かなり面白い

山本一力の「あかね空」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

第126回直木賞受賞作品。永吉から見れば親子二代の、おふみから見ればおふみの父母をいれて親子三代の話。そして、本書あかね空ではおふみを中心に物語が進むので、親子三代の物語と考えた方がよいだろう。

タイトルとURLをコピーしました